GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

Hilariousってなに?英作文を続けながらインスタ投稿に使える英語を学ぼう

イマドキ英語で英作文

ライティング能力アップには欠かせない英作文。日記形式で、書くだけでなく「話す」こと、「楽しむ」ことも同時に続けられる『Chat Diary 英語で3日記』が大好評につき増刷決定しました!今日は、会話やSNSにも使えるイマドキな英語フレーズを交じえながら、日記で英作文を続けるためのポイントをご紹介します。

楽しく3日記をつけるコツ教えます!

皆さん、こんにちは!英語で話したくなる日記帳『Chat Diary 英語で3日記』の制作に関わった知夏七未と申します。私は日記を書くときに参考にしていただくための、英文サンプルの作成に携わっていました。今回は、たくさんの人により楽しく!この日記を使っていただけららいいなと思い、今日から6回、英語学習に役立つ情報をお届けします。 Chat Dairyの使い方のコツ、そして隠れた目的でもある“SNSでも英語を使った発信を楽しんでもらう”ためにいっぱい取り入れた、SNSで使える英語もたくさんご紹介します!

 

Chat Diary 英語で3行日記

Chat Diary 英語で3行日記

 

“自分へのご褒美”を取り入れよう

英語日記を始めるにあたって、最初は「改めて英語を学びはじめよう!」「この日記で英語力をつけたい!」と思っている人も多いはず。でも気がつけばどこかでやめてしまった、なんてことになりがちです。“続ける力”は英語にも日記にも欠かせませんが、続けるってかなり難しいんですよね。

じゃあどうすれば続けられるの?

“自分へのご褒美”を上手に使えば楽しく続けることができるんです。


今日は、私のオススメのご褒美を2つご紹介します。

1.一生もののとびっきり大きなご褒美を用意しよう

まずは、簡単にかなうような目標ではなく、一生かけてもかなうかわからないくらいの壮大な野望、夢を思い浮かべましょう。え??野望??と思うかもしれません。単なる日記を始める前にしてはずいぶんと大げさですね。でも、それくらい大きい目標の方が、「英語と親しむこと」がぐっと楽しくわくわくしたものになるんです。考えただけでドキドキわくわく、心踊ってしまうようなことを妄想しましょう。

例えば、エマ・ワトソンと友達になれたら最高!そう、現実的じゃなくったっていいんです。 もしもこんなことができたら最高にワクワクするな、という夢を好きなだけ想い描き、そして紙を開き、何も書かれていないページに大きく書いてみましょう。日記を開くたびに目について思い出すことになる夢や野望は、英語で日記を書き続ける上でなによりの張り合いになります。

世界中を旅行したい!!

ちなみに、私の野望は“世界中に友達を作ること”。今も昔も変わらないそのとびっきりの夢が、英語学習やその他の活動を続ける私の原動力となりました。英語が出来たら叶う“かもしれない”最高のご褒美を胸に、ドキドキわくわく心踊らせながら英語にふれていきましょう。

2.毎回の小さなご褒美を用意しよう

お酒、甘いもの、コーヒー、アロマ、ゲーム…。あなたが、ほっと息をつく時間のお供になるものはなんですか?

小さなご褒美を用意しよう

日記を3書いたら1粒食べよう、と決めてチョコを買ったり、書き終わったらゲームをしようと決めたり。ミッションをクリアしたあとは、小さなご褒美で自分を甘やかしてあげましょう。

「甘やかす」という言葉は英語でspoilと言い、spoilにはダメにする・腐らせるという意味もあります。でも、ときどき自分を甘やかすことは自分をダメにするどころかやる気を引き出してとっても前向きな気分、そして動へと繋がっていきます。 自分へのご褒美をうまく使って、日記と至福のひとときをセットにすればちょっとサボりたいような日ももうひとがんばりできるはずです。

肩ひじ張らずに英語を楽しみながら続けてほしい。そんな思いがChat Diaryには詰まっています。“自分へのご褒美”を取り入れながら続けてみてくださいね♪

会話でよく使う、すごい!ヤバい!どれくらい英語で言える?

皆さんは「すごい!」とか「ヤバい!」ってどのくらい使いますか?私は「すごい!」が結構口ぐせ。Wow!と思うことがあると思わず第一声で出てきてしまう言葉です。Chat Dairyを制作するにあたって皆さんにアンケートした英語でこれが言いたい!”というリストの中でもとても多かったのが「すごい!」「ヤバい!」でした。学校で習ったGreat!やExcellent! Amazing! もすごい!にあたる英語としてもちろん使われています。でも、どうせだったらレパートリーを増やしたいですよね? そこで、今日は教科書には載っていなかった、でもSNSや会話でよく使われる「すごい!」「ヤバい!」をそれぞれのニュアンスとともに見ていきたいと思います。

Awesome!

ダントツに一番多く使われるのがAwesome!です。会話でも、SNSでもとってもよく使われます。「すっご~い!」という感じの少し砕けた言葉なので、ビジネスには向いていませんが、日常会話にはawesomeがあふれています。一言で使うだけでなく、Awesome photo!なんて言葉をインスタのコメント欄で見たことのある人も多いのでは?「超いい写真だね!」という意味ですね。

 

Tunnel of love Klevan, Ukraine. Photograph 📸 @sergey_polyushko #ukraine

Awesome Photographers📷さん(@awesome.photographers)がシェアした投稿 -

ちなみにこちら、読み方はオゥサム!(正確に言えば最初はアとオの間くらいの音です) ちょっと音とつづりが最初はなじまないかもしれませんが、こなれ感を出すにはまず覚えたい言葉です。

Stunning!

同じ「すごい!」とはいえ比較的堅い場も含め広く使われるのがstunningです。 「スタンガン」をご存じでしょうか?ドラマなどでパチッと人に当てて気を失わせる、あれです。つづりはstun gun。このstunの意味は“気絶させる”。ショックを与えて呆然とさせるから、この名前なのだそう。 stunningの直訳は「人を気絶させるような驚くべき」です。「気絶するほど素晴らしい」という意味の褒め言葉なんですよ。 インスタでも風景写真などのコメントにはstunningが多いですね。はっとするほど素晴らしい景色、ということです。似たような言葉ではbreathtakingがありますが、こちらは文字通り「息をのむような」。stunningと同様のイメージでSNSでは使われています。

ちなみに、書籍や映画などの批評で有名な批評家さんや新聞社などがstunning!と書いていることも多く、今回ご紹介する「すごい!」の中でも一番フォーマルな印象があります。

Super!

さて、もはや日本語のように使われていてとってもなじみ深いsuperも「すごい!」です。日本語だと「スーパーカッコいい」「スーパーかわいい」といったように、いわゆる形容詞の前につけるのが一般的ですが、英語だとSuper coolのような使い方だけでなく、あいづちとして“Super!”の一言で返すことがよくあります。 「すごいね!」ですが、驚きの度合いはawesomeやstunningよりも落ち着いている印象。もう少し改まると“That’s super.”なんて文章にして返事をすることもあります。superが強くなるとsuperb!なんて言葉もありますが、こちらはThat’sが付くことはあまりないような気がします。でも、どちらもSNSではよく見かける言葉です。

Hilarious!

突然ですが、私は以前にミスコンに出場していたことがあり、その時代の友人たちとよくやり取りをします。そのメッセージの中でやたらと出て来て、つい2年くらい前に知ったのがhilarious。辞書を引くと「大変陽気な、とても楽しい」なんて載っていますが、使うときのイメージ的には「ヤバ~い!」がぴったりでしょう。ちなみに、とてつもなく個人的な統計ですが、私のもとに届くHilarious!の言葉の後には90%以上の確率で泣き笑いの絵文字😂😂😂が続いています。

色々な年齢、性別の人とやり取りをしますが、その中でも圧倒的に、若い女の子がこれで返してくるイメージがあります。あまり年上の人に使うといい顔はされないかもしれませんが、同世代できゃっきゃしたいときにはぴったりですね!

Fabulous!

あの有名な姉妹が「ファビュラス」という言葉をよく使っているためか、カタカナ語としても浸透しつつあるようなfabulous。伝説的な、という元の意味を持つこの言葉、私のイメージでは「すっご~い💛💛」「やっば~い💛」と語尾にハートがついてちょっと飛び跳ねているような感じ。 私のこの言葉の出会いは、NYでのダンスレッスン。見た目はマッチョな男性、しゃべるととってもかわいい女の子キャラ、という先生でしたが、ご機嫌のときにはいつも“fabulous💛 fabulous, dancers💛”と連発していました。fabulousはもしかしたら、ちょっとキャラの立った「すごい」なのかもしれません!?

場面にあわせて使ってみよう!

同じ「すごい!」「ヤバい!」でも、込められた意味やニュアンスが少しずつ違うのがおわかりいただけたでしょうか?こんな短い言葉でも英語でアップすればちょっと気分もアガったりするもの。こんな風に、SNSで使える英語Chat Diaryの中に幾つも登場しますので、うまく取り入れながらSNSでも英語を楽しみたいですね♪

世界中に友達をつくろう!

世界中に友達をつくろう!

気づけば100カ国以上に友達ができた私が、 今度は“世界中に友達をつくりたい”方々のために、オリジナルのプログラムを実施することにしました! 近日開始予定なので、ぜひ私のFacebookページも見てみてくださいね! 

https://www.facebook.com/tinainterx/

こちらもおすすめ!

gotcha.alc.co.jp

gotcha.alc.co.jp

gotcha.alc.co.jp

知夏七未

文:知夏七未(ちなつななみ)https://www.facebook.com/tinainterx/
幼少期よりダンスと海外文化や国際情勢に興味を持ち、“純ジャパ(非帰国子女)”として上智大学英語科に入学。帰国子女に囲まれ苦労しながらも500点未満だったTOEICスコアを975点まで伸ばす。在学中のNYダンス生活を経て、帰国後はショーと国際交流とを同時に実現できるミスコン世界大会や日本と他国の国交周年事業などの活動に参加また企業研修・さまざまな媒体での英語講師や教材執筆などに活躍の場を広げる。“世界中のドキドキわくわくのために”をテーマに(株)Tina interXを設立、国際交流イベントやセミナーなどを手掛ける。

編集:江頭茉里