GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

『ロイヤル英文法』に載ってた読んだら必ず「へぇ~」と言ってしまう例文12選

今日見つけた「なるほど!」

大好評につき、ためらいなく英語を話したいなら、『ロイヤル英文法』を1日1ページ読んでみない?の第2弾です。会話で試したくなる文が多いから、文法がスーッと頭に入ってくるところが『ロイヤル英文法』の魅力。 『ロイヤル英文法』を毎朝1ページ読んで、その日に見つけた、ためになったことを、英語コミュニティアルコムワールド内の日記で共有してくれるchipmunkさんに、今回も「誰かに伝えたくなるくらいためになったこと」をまとめていただきました。chipmunkさんの「なるほど!」を通して、ご一緒にアウトプット力を磨いていきましょう!

chipmunk

文:chipmunk
自宅の英語教室で25年ほど教えた経験を持ち、最近では出版翻訳の仕事として2冊訳すなど翻訳者としても活動中。最近はもっぱら翻訳の勉強をメインに精進中。英検1級、TOEIC915。

今日見つけた「なるほど!」が自信になる

こんにちは!『ロイヤル英文法』(旺文社)を毎朝1ページだけ読もうと決めてから、もうすぐ4カ月です。山登りにたとえると、現在8合目を歩いています。歩き始めたときよりさらにゆっくりペースなのは、読み終わりたくない!という意識があるからかもしれません。好きな本は、大事に時間をかけてその時々に見える景色を楽しみながらじっくりと読みたいんですよね。

もともとは、(前回も書きましたが)「何冊も読むのはしんどいので、これ一冊でOK!という文法書がいいな。どうせ読むなら、分厚くて内容の濃いものがいいな」と思い、この『ロイヤル英文法』を毎日少しずつ読んでいこうと決めました。そして、ひとりでコツコツ読んでいく自信がなかったので、アルコムワールドで日記を書くことにしたんです。それが、今では面白過ぎて読むのをやめられない1冊になりました!

ロイヤル英文法―徹底例解

ロイヤル英文法―徹底例解

 

ありがたや!文法がす~っと理解できる

f:id:miraclenachan:20170924092329j:plain

「否定の命令形」には愛があった!

Don't be so pessimistic, OK?

そんなに悲観するなよ

強い否定の言葉が身に染みます。具体的なアドバイスじゃなくていい。ただ、こういう精神的な励ましの言葉が欲しいときってありますよね。

Don't make a fool of yourself.

ばかなまねをして人に笑われるな

危なっかしくて見てらんない人、純粋で能天気な人、そういう人を守ってやりたくなることってあります!

Don't you be so sure of yourself.

あんまり自信過剰になるなよ

これは訳が「自信過剰」となってますが、「あんまり決めてかかるなよ」「そうと決まったわけじゃないだろ」みたいな訳にもなる場合があるかも。

A: I don't think I can pass that exam.

試験に受かるような気がしない


B: Never say die!

弱音を吐くな

こういう否定の命令には、強い愛情や友情を感じます!

危ない!伝わり方がまったく違ってしまう「to不定詞」と「動名詞ing」

I'm going to try cooking beef stew this evening.

今晩はビーフシチューにしてみるつもりです


I'm going to try to cook beef stew this evening.

今晩はひとつビーフシチューを作ってみようかなと思っています

try ~ing だと今晩の夕食の予定を言っているだけです。ところが、try to ~は何か困難なことをしようと努力する意味になり、「マズくて食べられるものになるかどうか分からないけど努力してみる」という意識の違いがあるんですね! 面白いです!

会話のセンスを上げる表現「あるある」

f:id:miraclenachan:20170918123256j:plain

相手をけなさず異論をはさむときに重宝しそうなフレーズ!

A: I'd like to buy this CD.

このCDを買いたいな


B: Well, there's no accounting for tastes.

へえ、人の好みもさまざまね

現在形だとくだけた表現に、would を使えば丁寧な表現で上品に!

How did it happen?  Mind my asking?

どのようにして起きたのかたずねてもいいかね

(Do you) mind my asking? と現在形で言えば、くだけた表現になりますが、Would you mind my asking? とwould を使えば、丁寧な表現に変わります。相手や場面で使い分けることができますね。 

Would you mind if I borrowed this umbrella? 

この傘をお借りしてもよろしいでしょうか

Do you mind if I borrow~じゃなく、Would で始めて borrowed と過去形で聞くのがミソ。

まるごと覚えて、さらりと言いたい!自分にとって新しい言い回し

Please remember me to Mr. Smith.

スミスさんによろしくお伝えください

Come on! You open up and tell me everything.

さあ、隠さずに何もかも話してごらん

たとえ「何もかも」は言えなくても、こんなふうに言われるとうれしくて涙が出そう。 

読んで得した大発見!

f:id:miraclenachan:20170917104020j:plain

動詞には「消極的な」意味合いのものがある

「こんな感覚で使っていなかったなぁ」と気がついたのは、動詞には「消極的な」意味合いのものがあるということです。 たとえば、admitは「認める」という意味ですが、太鼓判を押すような積極的な意味合いはなく、しぶしぶ、しかたなく認める感覚があったんですね。ほかにも消極的な意味を持つ動詞をあげてみました。こういう動詞は、動名詞だけを目的語にとるんだそうです。へ~!

admit

認める

しぶしぶ、しかたなく、「認める」感じ

excuse

許す

しょうがなく、「許す」感じ

give up/stop

やめる

やめたくないのに「やめる」感じ

postpone/put off

延期する

やむを得ず「延期する」感じ

escape

免れる

本来は立ち向かったり引き受けるべきところを「免れる」感じ

avoid

避ける

どこか負い目を感じつつ「避ける」感じ

mind

気にする

理由なく無性に「嫌がる」「気にする」感じ。同じ「気にする」でも care とは違う意味合い。 

大事なことは文末で言おう!「受動態」で言うときの語順のルール

「文末重視の法則」って知っていますか。文末に重要な情報(新しい情報)が来るというルールです。会話の中で、「聞き手が知っている情報や予測できること」は先に、「新しい情報」は後ろ(文末に置かれることが多い)の順番にあるのが自然。そうじゃないと、ヘンな文になてしまいます。

She gave Henry(旧情報) a box of chocolates(新情報).
彼女はヘンリーにチョコレートを1箱あげた

ヘンリーは話し手と聞き手がすでに知っている情報、つまり旧情報で、チョコは重要な情報(新しい情報)です。これを受動態にしてみましょう。

Henry(旧情報) was given a box of chocolates(新情報).

ヘンリーはチョコレート1箱をもらった

⇒(〇)自然な文です。旧情報が主語の位置にあって、新情報が文末にあるから、自然な文です。

A box of chocolates(新情報) was given Henry(旧情報).

1箱のチョコレートはヘンリーに与えられた

⇒(×)不自然な文。順番が逆だから不自然になります。

文末焦点、文末重視の法則(文末に重要な情報を置く、つまり、文末に新情報が来る)というのは知っていましたが、能動態から受動態に書き換えるときには、この注意事項が(私のなかで)すっぽり抜けていたような気がします。テストや演習問題で見かけるけれど、能動態の文を受動態の文に機械的に書き換えるのは危険ですね。生徒にヘンな英文を作らせるようなテストを作らないように気をつけなくちゃ。このページに出合えて本当によかった!

最後に

f:id:miraclenachan:20170918124451j:plain

ほかにも、たくさんの発見がありました。私にとって知るべきこと・気づいていなかったことに出合い、本当に読み始めて良かったと実感しました。発見することは、人それぞれでしょう。自分なりに自分のペースで自分に必要なことを学び取っていくことができるのが、文法書読みの根本だと思います。あと200ページ足らずになりましたが、最後まで驚いたり反省したりしながら読んでいこうと思います。

こちらもおすすめ

Chat Diary 英語で3行日記

Chat Diary 英語で3行日記

 

 

gotcha.alc.co.jp

編集:honeybun(GOTCHA!エディター/ライター)