GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

今すぐ愛犬の顔が見たくなる映画『僕のワンダフル・ライフ』で愛犬との過ごし方を見直そう!

今すぐ愛犬の顔が見たくなる映画『僕のワンダフル・ライフ』

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

2017年9月29日(金)より、全国で公開されるラッセ・ハルストレム監督の映画『僕のワンダフル・ライフ』。最愛の飼い主に会うために3回も生まれ変わった犬のベイリーの「犬生」を描いた、全ての愛犬家の夢をかなえるこの映画のおすすめポイントを、映画ライター中島もえがイラストを交えてご紹介します。

『僕のワンダフル・ライフ』ってどんなストーリー?

ゴールデン・レトリバーの子犬、ベイリーは暑い日に車の中に閉じ込められ、死にかかっていたところを8歳の少年、イーサンに救われます。その時からイーサンはベイリーの「最愛の人」となり、彼らは固い絆で結ばれます。

今すぐ愛犬の顔が見たくなる映画『僕のワンダフル・ライフ』

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

しかし、犬の寿命は人間よりもずっと短いので、ベイリーにも旅立つ日がやってきます。けがが原因でアメフト選手になる夢を断たれ、恋人とも別れてしまったイーサンのことを気に掛けながら、この世を去ってしまうベイリー。

ところが、ベイリーのイーサンへの思いは強く、彼はなんとシェパードに生まれ変わっているのでした。生まれ変わってはみたものの、そう簡単にイーサンに出会うことはできません。3度目の生まれ変わりでようやくイーサンとの再会を果たしたベイリーは、犬である自分の真の使命は何なのかということに気付くのでした……。

ベストセラー作家のW・ブルース・キャメロンが、愛犬を亡くした恋人が悲しみを乗り越えられるようにと書いた小説『野良犬トビ―の愛すべき転生』(原題:A Dog's Purpose)が原作。「愛していた犬や猫たちが自分と再会するために生まれ変わってきてくれたなら」という、飼い主たちの夢をかなえる犬と人間のラブストーリーです。

原作本はこちら
野良犬トビーの愛すべき転生 (新潮文庫)

野良犬トビーの愛すべき転生 (新潮文庫)

 
英語で読んじゃうぞの方はこちら
A Dog's Purpose

A Dog's Purpose

 

この映画のここが見どころ

とにかく犬がかわいい!

今すぐ愛犬の顔が見たくなる映画『僕のワンダフル・ライフ』

『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』『HACHI 約束の犬』に続くラッセ・ハルストレム監督の犬映画の第3弾。犬をいかにかわいらしく魅力的に撮るかということを熟知した監督の作品ということで、犬たちのあどけない情やしぐさを心まで堪能できます。

自分の命を助けてくれた飼い主、イーサンと再会するために、ゴールデン・レトリバー →ジャーマン・シェパード → コーギー → セント・バーナード&オーストラリアン・シェパードのミックスと、何度も生まれ変わるベイリー。彼のイーサンへのいちずな想いには心を打たれます。そんなベイリーの4つの「犬生」が、それぞれの犬種のチャームポイントや飼い主たちとのドラマと共に描かれており、映画を見終わったときには犬が大好きになっているはずです。

ハルストレム監督のわんこ映画をもっと見たい方はこちら
マイライフ・アズ・ア・ドッグ Blu-ray

マイライフ・アズ・ア・ドッグ Blu-ray

 
Amazonビデオでも見られます 
HACHI 約束の犬(字幕版)

HACHI 約束の犬(字幕版)

 

犬になったつもりで見るのがオススメ

今すぐ愛犬の顔が見たくなる映画『僕のワンダフル・ライフ』

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

この作品は犬が主役で、犬の目線、犬の気持ちを中心に物語が展開していきます。他人に対して本音を言えず不器用に生きている飼い主たちを見て、犬のベイリーがどう感じているのかが面白おかしく描かれています。犬の目に映る飼い主たちの人間模様は、人間のものの見方とは違っていてとても面白いのです。ベイリーが家具の下にもぐっていたずらをしたり、草原を駆け回ったりするときの映像を見ると「犬ってこんな景色を見ているんだなー」と、犬気分を満喫できます。

ちなみにベイリーの心の声は、ディズニー映画『アナと雪の女王』で雪だるまのオラフを演じたジョシュ・ギャッドが担当していて、言語は犬語ではなく英語です。ベイリーのキュートな声で話される英語の聞き取りに挑戦してみてもいいかもしれませんね。

犬を飼ったことがなくても楽しめる!

今すぐ愛犬の顔が見たくなる映画『僕のワンダフル・ライフ』

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

犬を今飼っている・前に飼ったことがある人たちにとっては、「うちのコもこんないたずらしたなー」とか「そうそう、こうすると喜ぶんだよね!」と共感できる「犬あるある」がてんこ盛りなのではないでしょうか。

私は(犬を含め動物は大好きですが)犬を飼ったことはありません。それでも「(犬って)こんなこと考えてるんだ」「こんな情の時はこんな気持ちなんだ」「こんなことをしたいんだ」ということが分かって、とても楽しめました。いろんな犬を飼ったような気持ちになれちゃいます。

犬を飼う予定の人には特に見てほしい

今すぐ愛犬の顔が見たくなる映画『僕のワンダフル・ライフ』

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

この映画を見ると、無性に犬を飼いたくなります。が、この作品には「あ~、犬かわいい~。犬飼いたい~」と単純に思うことができない、少し重苦しいメッセージもちりばめられています。

  • 犬はいつでも飼い主が思った通りの動を取るわけではない(けっこうシャレにならないいたずらをすることもある)
  • 人間よりも寿命が短いので、多くの場合飼い主よりも先に亡くなってしまうけれど、その悲しみを受け止められるのか
  • 結局のところ、飼い主次第で犬の一生が決まってしまうけれど、犬を最期まで幸せにする覚悟はあるのか

など「犬(動物)を飼う」とはどういうことか、という現実を突き付けられます。単に「犬にキュンキュンする」「犬の一途に飼い主を想う気持ちに感動する」だけにとどまらない映画になっているところに、好感が持てました。

今すぐ愛犬の顔が見たくなる映画『僕のワンダフル・ライフ』

(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

また、ベイリーは大好きな飼い主のために3回も転生します。毎回違う犬種になり、違う人間に飼われるということには、その時その時の「犬生」を大切に楽しんで生きるべきだというメッセージがあるように、私には思えました。それはもちろん犬だけでなく、人間の生き方にも当てはまることかもしれません。いろいろと学ばせてくれます。

犬だけでなく、動物全般が好きな人、興味がある人にはぜひ見てもらいたい作品です。

この映画を語るときに使える英語フレーズ

It’s a little bit of a love story as well.

ちょっとしたラブストーリーでもあるよ。

『僕のワンダフル・ライフ』の内容説明するときに使えますよ。わんこと飼い主のラブストーリーとも言えます♪

Go see with your significant other would be nice.
あなたのかけがえのない人と見にくといいよ。

家族と一緒にぜひ。愛犬と一緒に見にきたい人も多いかも?

こちらは「1000時間ヒアリングマラソン」の映画コーナーからの抜粋です。映画を英語音声で聞き取れるようになるための練習や、ネイティブスピーカー同士の映画を見た感想なども「1000時間ヒアリングマラソン」に教材として収録されているので、興味があるかたはぜひ!

次はどんな映画を見ようかな~♪

映画情報

『僕のワンダフル・ライフ』は2017年9月29日(金)から全国で公開です!

boku-wonderful.jp

映画やニュースなどを使ったリスニング学習といえばこれ!

1000時間ヒアリングマラソン

1000時間ヒアリングマラソン

1982年に開講して以来、アルク人気No.1の通信講座。生きた英語を聞き取り、多彩なトレーニングによって「本物の英語力」を身につける教材です。ネイティブスピーカーが使うリアルな会話やニュース英語、映画のセリフなどさまざまなジャンルの素材がたくさん収録されているだけでなく、トレーニングで力が付くようしっかり導き、細やかなカリキュラムに沿って学習を進めます。

詳細はこちら

ヒアリングマラソンお試し版を500円で販売開始!

ヒアリングマラソンお試し版500円

「聞ける・話せる・読める・書ける」の4技能を学ぶ問題取り組み、「分かった」「できた」を実感できる「ヒアリングマラソン体験キット」が500円(+税)+
送料150円で登場!

さらに、「体験キット」をご購入いただいた方全員に「ヒアリングマラソン」シリーズの対象商品をお得に購入できる500円の割引クーポンをプレゼントします。この機会に、ぜひお試しください。

購入はこちら

映画ライター中島もえ

文・イラスト:中島もえ
イラストレーター・編集者・ライター。面白い映画を探して試写会を渡り歩く。映画鑑賞のほか、動物園や水族館、美術館めぐりが趣味。野菜作りも好きで、東京・三鷹の菜園インストラクターの資格を取得WebsiteInstagram

構成・編集:Natsue Tanaka(GOTCHA!エディター/ライター)