GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

急がば回れ!英単語は語源で覚えよう

語根にはいろいろある

語彙の強化は、どのレベルの英語学習者にとっても大きな課題。ときにはじっくり単語と向きあってみませんか。書籍『由来とつながりがわかる 英単語語源マップ』紹介します。

由来とつながりがわかる 英単語語源マップ

由来とつながりがわかる 英単語語源マップ

 

とっても大事な「語根(ごこん)」

「語根」は漢字の部首と同じ

「語源」という言葉は知っていても、「語根」を知っている方は少ないかもしれません。

語根は漢字でいうところの部首のようなもの。

例えば、魚へんの漢字は、仮に読めなくても魚に関する語だとわかりますね。「鰤」や「鱚」という字を見て、「植物や動物かもしれない」と思う人は少ないでしょう。

同じように、英単語では「語根」がわかれば、おおよその意味が推測できるのです。

語根がわかると派生語(英単語)がわかる

として、spect という語根を見てみましょう。これには「見る」という意味があるので、その派生語も「見る」にまつわる意味を持つものになります。

  • a(~を)+spect(見る)⇒ aspect(外見上の特徴を見ること⇒見方、外観
  • ex(外を)+spect(見る)⇒ expect(何かを求めて外を見る⇒期待する
  • in(中を)+spect(見る)⇒ inspect(何かのものの中を見る⇒検査する

 

aspect外観)と except期待する)と inspect検査する)では、それぞれ無関係のように見えますが、語根 spect からの派生語であることを知っていると、関連していることがよくわかりますね。

また、派生語としてまとめて覚えると、とても覚えやすい気がしませんか。

視覚的に覚えられる「語根マップ」

本書では、語根と派生語の関係を、「語根マップ」にまとめています。こちらは、先ほど出てきた語根 spect の。視覚的で覚えやすいですね!

語根spect

もうひとつ、「立つ」という意味を持つ語根 sta のを見てみましょう。

語根sta

obstacle障害物)とstage(舞台)、status(身分)といった、一見関係なさそうな語が、同じ語根から派生していることがよくわかります。

「21の語根」と「1,600の派生語」を厳選

覚えるべき語根は21

「語根」が大切なのはよくわかりましたが、語根だけでも500種類ほどあるそう。これを覚えるとしたらそれだけで一苦労ですね。

また、語根には派生語(英単語)が多いものもあれば、少ないものもあります。派生語が少ない語根は、せっかく覚えても効率が悪いのです。

そこで本書は、派生語の多い語根、つまり覚えたときにコスパの高い21の語根を厳選ししています。

覚えるべき派生語(英単語)は1,600

さらに本書では、この21の語根から派生した、1,600の英単語を掲載しています。

「1,600語覚えるのもなかなかキツイ……」と思うかもしれませんが、本書なら安心

覚えるべき単語の優先順位が、4段階でわかる仕組みになっています。

各単語にはアスタリスク(*)が付いており、アスタリスク3つのものが最優先。そしてアスタリスク2つ、1つ、アスタリスクなしという順です。アスタリスクの数が1~3の約1,000語には文も付いています

またすべての単語に品詞と発音記号がついているのも、学習者にとってうれしいところです。

まとめ

ちょっと手ごわいけどやりがいがある

ずっしりした厚みのある本書。手軽さや即効性をうたった単語集とは対照的ですが、21の語根と、文付きの約1,000の派生語を覚えたころには、じわじわとその効果を実感できそうです。

集中的に語彙を増やしたい方、じっくり単語を学びたい方におすすめ。

由来とつながりがわかる 英単語語源マップ

由来とつながりがわかる 英単語語源マップ

 
こちらもおすすめ!

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。