GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

【TOEIC新形式になって1年】リスニング問題はこう変わった! 傾向と対策

f:id:moutainbook:20170808115230j:plain

こんにちは、TOEIC講師の岡本美希です。久しぶりTOEICを受験しようとしている皆さん、新形式の傾向対策はバッチリでしょうか? 2016年5月に出題形式が一部変更されてから、1年が経過しました。今回は、今だからこそ見えてきた新形式リスニング問題傾向対策をご紹介します!

※ 新形式リーディングの傾向対策は、こちらの記事をご覧ください。

gotcha.alc.co.jp

リスニングセクション、どこが変わった?

リスニングセクションの解答時間(45分)や、Part 1~4まで問題構成の大枠は変わっていません。変更があったのは、以下のような各パートの問題数と問題文や選択肢内容です。

 Part 1(写真描写問題)の変更

10問あったPart 1の問題数は、6問に減少。ただ、Part 1は問題以外の変更はありませんでした。

Part 2(応答問題)の変更

30問から25問に減少。言いよどみがあるなど以前よりもネイティブスピーカーの会話に近いリスニング音声となっています。このようなマイナーチェンジはあるものの、問題形式が大きく変わった箇所はありません。

Part 3(会話問題)の変更

30問から39問に増加しました。大きく変わった点は2つ。1つ目は、これまで2人の会話のみだったのが、3人の会話も加わったこと。2つ目は、を見ながら解答をする問題が加わったことです。

小さな変更点としては、会話の中で言いよどみや言い直しが発生するようになったことや、will not ではなく won’t など短縮形・省略形なども用いられるようになり、より自然なネイティブスピーカーの会話表現に近づきました。また、What does the woman mean when she says ... のような形で始まる発言の意図を問う問題も加わりました。

Part 4(説明問題)の変更

問題数には変更なしですが、Part 3と同じくを見ながら解答する問題と、発言の意図を問う問題が加わりました。また言いよどみや言いなおなど、Part 3と同じくより自然な話し方の英語となっています。

新形式リスニングを攻略!対策すべき3つのこと

新形式問題ではより高度なリスニングスキルが必要となったため、スコアをアップさせていくためには「ネイティブスピーカーの英語に慣れること」が必要です。次の3つの対策を実践して、新形式リスニングを攻略してください!

(1)TEDでネイティブのナチュラルなスピード&表現に慣れる

ネイティブのナチュラルスピードに慣れておけば、怖いものはありません! というのも、TOEICリスニング音声は通常の会話よりもスピードが少し遅くなっています。よって、普段からネイティブスピーカーの会話スピードに慣れておけば、TOEICリスニングは聞き取りやすくなるのです。

新形式で登場するようになった短縮形(will not→won’t)や省略形(want to→wanna)、言いよどみなども、ネイティブスピーカーが普通に話すときにはよくあることです。TEDでネイティブの英語に耳を慣らしておけば、この変更対応できるだけでなく、リスニングのスコアもグっと上がることでしょう。

 

TOEIC対策向けのTED動画のオススメは、コチラの記事でどうぞ。

gotcha.alc.co.jp

(2)話の流れを読むスキルは、小手先のテクニックでは身に付かない!

Part 3や4で「発言の意図を問う問題」が追加されていますが、これはある言葉がどのような意図で発言されたのかを文脈から考える問題です。

例えば「これが昨日の会議の議事録なの?」と上司が発言しているシーンがあったとして、「なぜ彼女はこう言ったのですか?」という問題があったとしましょう。この発言だけでは正解を選べないので、会話全体の流れを把握する必要があります。答えは「議事録が少なすぎて驚いている」かもしれませんし「議事録が優秀すぎて驚いている」かもしれません。文脈によって、その発言の意図は大きく変わってきます。

意図を問う問題は、日本語のコミュニケーションと一緒で、相手の発言の意図を考えながら会話全体の流れを理解するスキルが求められています。小手先のテクニックでは、攻略するのが難しいでしょう。

リスニングの勉強をするときは、聞こえてきた音声を頭の中で把握するだけでなく、その言葉の意図も考えながら聞く練習をしてみてください!

(3)知っていれば怖くない! 形式に慣れておく

f:id:moutainbook:20170809112946j:plain

Part 3で加わった3人での会話や、Part 3と4で出てくる図を見ながら答える問題は、事前にその形式があることを知っておくだけでも十分アドバンテージがあります。「どんな問題が出てくるんだろう」とオドオドしながら受験するよりも、「次はこういう問題だ」とわかっている方が、精神的に安定して受験できるからです。

3人での会話や図問題では、処理しなければならない情報量は増えますが、それによって問題が難しくなっているわけではありません。むしろがあることによって会話は理解しやすくなりますし、3人だからこそ1人ずつの発言が短くなるなど、メリットもあります。

TOEIC問題形式がどのようなものなのかを把握し、新形式に対応した模試問題集を演習して、形式に慣れておきましょう!

まとめ

2016年の形式変更では、しっかりと英語力を身に付けながら学習している人にとっては、成果が出やすくなったと言えるでしょう。小手先のテクニックではなく、ネイティブの英語に耳を慣らしてリスニングスキルを磨くことで、新形式のTOEICリスニングも攻略できますよ!

 

岡本美希

岡本 美希 http://miki-english.jimdo.com/
TOEIC講師 兼 フリーライター。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成した経験を生かし、英語関連のコラムを多数のメディアに寄稿。マンツーマンのTOEICレッスンも開講中。