GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

仕事で英語を使う人は必須!「勧めや申し出を断る」表現4例

同僚が手伝うと申し出てくれた

勤務先が外資系だったり、上司や同僚に外国人がいたり。仕事で英語を使う方なら押さえておきたいのが、自分の意図を伝える機能表現」です。覚えておけば、仕事がぐっとスムーズに。書籍『相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック』 から紹介します。今回は「勧めや申し出を断る」表現です。

相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック

相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック

 

相手との距離を確認しよう

相手が食べ物や飲み物を勧めてくれたり、よかれと思って申し出てくれたときに断るのは、日本語でも気を使いますね。相手との関係を損ねずにきちんと自分の考え伝えるには、どうすればいいのでしょうか。

自分の意図を伝える機能表現」では、相手との距離感がポイントとなります。こちらの図を見てください。

「社会的距離」×「心理的距離」

あなたと相手との、心理的、社会的距離によって、使う表現が変わってきます。相手との距離感をしっかりつかんで、状況に合った英語表現を使いたいものです。

ややカジュアル:相手は気の合う同僚

図の左上Ⅰの領域。心理的にも社会的にも近い場合です。

相手:How about going out for a drink after work?

(仕事の後、飲みにかない?)

 

あなた:I'd  love to, but I don't really feel like it tonight.

(そうしたいところだけれど、今晩はあまりそういう気になれないの。)

親しい同僚には、“ I'd love to, but+【理由】” という表現が使われます。“ No, thanks." もよく使われますが、その場合も断る理由を付け足すのが一般的です。

また、“ I'll pass, thanks.” のように言うこともあります。「今回はパスするけど、また誘ってほしい」というニュアンスです。

ややカジュアル:相手は転職してきたばかりで付き合いの浅い同僚

次は図の左下、Ⅲの領域。「社会的には近いけれど、心理的には遠い」という関係です。

相手:Would you like to go out for a drink after work?

(仕事の後、飲みにかないか?)

 

あなた:I’d rather not. Thanks.

(遠慮しとくわ。でも、ありがとう。)

“ I'd rather not.” は、「どちらかというとしないほうがいい」ということで「遠慮しとくよ」くらいの意味。この表現のあとには、“ Thanks.” や “ Thank you.” を付け加えるのが普通です。

ややフォーマル:相手は長年の付き合いで信頼する部下

図の右上、Ⅱの領域。長年付き合いがあり「心理的には近い」のですが、職場の関係なので「社会的には遠い」という関係です。

相手:Some of us are going out for a drink after work. It would be great if  you could join us.

(仕事の後、何人かで飲みにくんです。ご一緒していただけるとうれしいのですが。)

 

あなた:Sorry, I have to go home right after work. It's my son's birthday.

残念だけど、今日はすぐ家に帰らなければならないから。息子の誕生日なんだ。)

親しい部下には、間接的で丁寧な “ Sorry, ... ” がよく使われます。上司が部下の提案を断るのに “ Sorry,… ” や “I'm sorry…” を使うのは意外かもしれませんが、英語では普通です、“Sorry.” には「申し訳ない」という謝罪の意味のほかに、「残念だ」という意味があることを覚えておきましょう。

よりフォーマル:相手は着任したばかりの上司

図の右下、Ⅳの領域。相手は着任したばかりの上司で、人となりも仕事の進め方もわかりません。社会的にも心理的にも距離がある状態です。これは気を使いますね。さて、どんな表現を使うのでしょうか。

相手:I thought you might want to take time off work to attend the seminar on bookkeeping.

(君、仕事を休んで簿記のセミナーに参加したらどうかと思ったのだが。)

 

あなた:Thank you very much for the offer,  but I don't  do any bookkeeping in my job.

(そう言っていただいてとてもありがたいのですが、私は仕事で簿記はやりませんので。)

この状況では、これといって特によく使われる表現はありません。気を使った表現をすることもあれば、心理的な距離から意外とそっけなく断ってしまうことも。上記ののほかには、“ Thank you very much, but +【理由】” なども使われます。

まとめ

お酒を勧められて断る

いかがでしたか?  相手がせっかく誘ったり、申し出てくれたりしたのに、断るのは心苦しいもの。でもだからこそ、しっかり自分の気持ちを伝える必要があります。特に仕事に関することなら、そうでしょう。

相手との距離感に応じた「勧めや申し出を断る」表現。仕事で英語を使う方は、ぜひマスターしておきましょう。

相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック

相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック

 
これもおすすめ!

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。