GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

仕事で英語を使う人は必見!「依頼を断る」英語の表現4例

これ教えて

勤務先が外資系だったり、上司や同僚に外国人がいたり。仕事で英語を使う方なら押さえておきたいのが、自分の意図を伝える機能表現」です。覚えておけば、仕事がぐっとスムーズに。書籍『相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック』 から紹介します。今回は「依頼を断る」表現です。

相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック

相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック

 

相手との距離を確認しよう

機能表現」のポイントとなるのは、相手との距離感です。こちらの図を見てください。

「社会的距離」×「心理的距離」

あなたと相手との、心理的、社会的距離によって、使う表現が変わってきます特に今回は、「相手の依頼を断る」という、難しい状況。相手との距離感をしっかりつかんでください。

カジュアル:相手は仲のいい友だち

図の左上Ⅰの領域。心理的にも社会的にも近い場合です。

相手:Can you come over and help me with my homework tonight?

(今晩、宿題を手伝いに来てくれない?)

 

あなた:No way! I've got two exams tomorrow.

(だめ!明日試験が二つあるんだ。)

相手が仲のいい友だちで、ストレートに断りたいときは、“No way.”。それでも、ただ「だめ!」と断りっぱなしにするのではなく、「明日試験が二つあるんだ」というように理由を付け加えるのが普通です。

“ Sorry, I can't. (悪いけど、だめだ)" といったカジュアルな断り方もできます。

カジュアル:相手は近所に引っ越してきたばかりの隣人

次は図の左下、Ⅲの領域。「社会的には近いけれど、心理的には遠い」という関係です。

相手:Do you think you could come to my school this Sunday and give a talk about your experience living in China?

(今週の日曜日、学校に来て、あなたの中国在住経験について話をしてくれませんか。)

 

あなた:I’m sorry,  I can't.  I've been invited to a wedding on that day.

(申し訳ないんですが、だめです。その日は結婚式に招待されているものですから。)

心理的に距離がある相手とのやり取りでは、どの状況でも使われる万能表現、“ I’m sorry,  I can't. ” が使われます。ここでもやはり、そのあとに理由を続けるのが普通です。

ややフォーマル:相手は長年の付き合いで信頼する部下

図の右上、Ⅱの領域。長年付き合いがあり「心理的には近い」のですが、職場の関係なので「社会的には遠い」という関係です。

相手:Would you help me configure this graphics software?

(このグラフィックソフトの設定をお手伝いいただけませんか。)

 

あなた:I wish I could, but I haven't used it, either.  Ask Brenda. She knows everything.

(できればそうしてあげたいけど、私も使ったことがないから。ブレンダに聞いてみて。彼女は何でも知ってるから。)

こうした状況では、ほかと比べて理由を付ける断り方が多いようです。理由のほかに、代やアドバイスを付けるのも一般的。

よりフォーマル:相手は着任したばかりの上司

図の右下、Ⅳの領域。社会的にも心理的にも距離がある関係です。ここは丁寧に断りたいもの。さて、どんな表現を使うのでしょうか。

相手:Megumi, I'm wondering if you could work this Saturday.

(メグミ、今度の土曜日に出勤してもらえないかと思っているんだが。)

 

あなた:I really love to, but I can't. I'm going to see my sister in Osaka this weekend.

(そうしたいのはやまやまですが、できないのです。今週末は、大阪にいる妹に会いにくものですから。)

に対しても使われる「残念だ」+「できない」+「理由」という言い方がここでも登場。ですが、相手が相手なので、あらたまった感じの言い回しを使います。

単に “ I can't.” という代わりに、“ That’s impossible.” や “ It's not possible.” もよく使われます。

まとめ

断っても同じチームだよ

いかがでしたか?  頼まれごとを断るのは、日本語でもなかなか気が重いもの。でも、曖昧にしておくよりきちんと断ったほうが、結局はお互いのためです。

相手との距離感に応じた「依頼を断る」表現を、ぜひマスターしておきましょう。

相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック

相手と場面で使い分ける 英語表現ハンドブック

 
これもおすすめ!

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。