GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

何かと話題の「日本国憲法」。現代語訳でじっくり読んでみませんか?

ハトは平和の象徴

平和や基本的人権をうたっていて……という、漠然としたイメージはあっても、「日本国憲法」をちゃんと読んだことがある方は少ないのでは? この夏、柴田元幸さんによるわかりやすい現代語訳で読んでみませんか?

CD付 現代語訳でよむ 日本の憲法

CD付 現代語訳でよむ 日本の憲法

 

「日本国憲法」に英文版があった!

「日本国憲法」が公布されたのは、1946年11月3日。同じ日に、英語で書かれた「日本国憲法」が、『英文官報号外』 に掲載されました。「それってGHQ草のこと?」と思うかも知れませんが、さにあらず。

GHQ草を踏まえてはいますが、完成した「日本国憲法」の英文版として、日本側が作成したもの。今回ご紹介する書籍『現代語訳でよむ日本国憲法』は、この英文版「日本国憲法」を現代日本語に訳したものです。

なぜわざわざ英文版を訳したの?

あるものごとを「本当に理解できているか」を確かめる手段のひとつに、「外国語に訳してみる」という方法があります。訳すことで抜けや漏れ、理解があいまいな部分が見つかるわけです。

本書は、英文版「日本国憲法」を現代日本語翻訳。一見、回り道とも思えるプロセスですが、これを経ることで、「日本国憲法」にはどういうことが書かれているのかが、くっきりと見えてきます。

「宇宙人の目」で訳すとこうなった

翻訳担当したのは、アメリカ文学の研究者・翻訳者として著名な柴田元幸さん。

今回、柴田さんは「宇宙人の目」で翻訳したと語っています。文脈や歴史的経緯考えず、英文を「普通に」読んで訳すことに徹したとのこと。どうしても影響を受けてしまうので、いわゆる正文(日本語で書かれた「日本国憲法」)はほとんど見なかったそうです。

では、翻訳の名手が「宇宙人の目」で訳すと、「日本国憲法」はどうなるのでしょうか。「前文」の一部を見てみましょう。

まずは正文から。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、(以下続く)

とても格調高いのですが、やはり硬い感じがしますね。そして一文としてはちょっと長い。

英文版では次のようになっています。

We, the Japanese people, desire peace for all time and deeply conscious of the high ideals controlling human relationship,

柴田さんよる現代語訳ではこうなります。

私たち日本の人びとは、永久の平和を希(ねが) い、人間同士をつなげている貴い理想を胸に刻む。

いかがでしょう。「日本国憲法」に書かれていることがより明確になった気がしませんか?

まとめ

子どもの未来

本書には、英文版「日本国憲法」と現代語訳、正文を掲載。さらに、英文版と現代語訳の音声を収録したCD付きです。さまざまな角度から「日本国憲法」にアプローチできる本書で、「日本国憲法」が発しているメッセージを感じ取ってみませんか。

CD付 現代語訳でよむ 日本の憲法

CD付 現代語訳でよむ 日本の憲法

 
これもおすすめ

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。