GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

イギリスで最新アトラクションを体験!ロンドンで鳥になった!!

川合亮平さん

イギリス英語と大阪弁を駆使して、枠にとらわれない活動を展開している川合亮平さん が、この夏、イギリスに滞在中。現地での最新情報をレポートしてくれます。今回は、イギリスで話題の最新アトラクションに挑戦しました。

こんにちは、ロンドンから川合亮平です。

こちらの最高気温は、日本のそれに比べて10度くらい低いです。

朝晩は、フリースジャッケットを着て歩いている人がいるくらい。

「夏はカッ!と暑くなくちゃ。蝉もジャンジャン鳴いてなくちゃ」という方には物足りないかもしれませんが、暑さに強くない僕には丁度いいです。蝉の姿も見えません。

ちなみに、蝉って英語で cicada(シィカーダ)って言いますけど、イギリス人にはこの英語は(少なくとも僕の浅はかな経験上)ほとんど通じません。

そもそも、その虫自体を知らない人が多いから。

まあ、昆虫博士には通じるでしょうけどね。

ロンドンのど真ん中にスリル体験スポットがオープン!

さてさて、先日、ロンドンの空を鳥のように舞う体験ができる!という情報を聞きつけやってきました。

そのアトラクション名は、ZIP WORLD LONDON

ZIP WORLD LONDON が設置されている、Archbishop’s  Park の入り口。ロンドンのど真ん中だけど、観光スポットではないので閑静なエリアです。

アトラクション入り口

Big Ben や London Eye(観覧車)などがある、ロンドン観光地のメッカ、ウェストミンスター駅から歩いて5分ほど。まずは現場に向かう様子を動画でご覧ください。

このスリル・アトラクション ZIP WORLD LONDON、夏の初めにパリのエッフェル塔で開催した後、こちらロンドンにやってきました。

世界で最大、最高強度の ZIP LINE(ジップライン)、とのこと。

ZIP LINEというのは、高所に張られたワイヤーのことで、これを伝って滑り落ちる、という(絶叫)アトラクションです。

俗にいう“ターザン”ですね。

僕、怖がりなんですが、同時に高いところ好き、でもあるんです。

今回は、「怖いかな、でも高いとこきたいな、いやでも怖いよな、でもやっぱ高いところからロンドンの街を見たいよな」というシーソーゲームが自分の中であり、結局、チャレンジすることにしました。

さて、では ZIP LINE 体験の準備を始めましょうか。

準備は入念に。

チェックインして、(わりにあっさりした)安全ビデオを見ます。

そして、安全装置を身体に装着!

文字通りの“命綱”ですからね、結構入念に締り具合とかをチェックします。

インストラクターの人がとっても親切に指導してくれます。

「Are you nervous? (緊張してる?)」とか優しく尋ねてくれたり。

ホント、丁寧でしたよ。

何回も「Are you nervous?」「Are you OK?」って聞いてくるんでしまいには、「もうええわ! 何回同じこと聞くねん!」って言いそうになりましたが。

大阪人の血なのでご了承ください。

とにかく、よし、装着完了(だと思う)。

塔に登りましょう!

10階ビルの屋上からターザン

滑り落ちる塔の高さは35メートル、10階のビルの屋上から「あー、あ・あ〜」ってターザンする感じ。

225メートルの長さを滑り落ちます。

10階の高さまでは階段で(エレベータはなし)登ります。

あ、そうそう、イギリスではエレベータは lift って言いますね。elevator って言うと「けっ、こいつ、アメリカかぶれか」って思われるかどうかは知りませんが、とにかくイギリスは、lift です。

頂上まで登って、先客4、5人が滑り落ちるのを待って、自分の番。

ロンドンのど真ん中の高所だけあって、眺めは最高でしたよ。

House of Parliament(国会議事堂)、London Eye(大観覧車)、Big Ben、The Shard(西ヨーロッパで一番高い展望ビル)などなどが一望できるのだ。

よし、じゃあ、Let’s Zip-slide!!

爽快!体験。

全然怖くないと思ってたけど、いざ自分の番が来て、器具を ZIP LINE に装着してもらって、飛び降り台(って言うのか知りませんが)に立つとさすがに「ひえ〜」ってなりました。

だって、目の前に小さい下り階段があって、3段ほどで切れてて、それ以降は、はるか下の地上なんですから。

チェックインしてから滑り落ちるまで、なんだかんだでだいたい40分くらい。

なかなかの体験でしたよ。

アドレナリンが出て、スカッと爽快な非日常体験、単純に楽しかった!

もう1回したいくらい。

ちなみに、滑り落ちる速度は最高で時速50キロにまで上ります。

 

時速50キロって書いても実感が沸かないと思いますので、比較対象を引っ張り出してみると・・・。

世界最速の男、ウサイン・ボルトは時速44キロらしいので、それよりも速い。

動物界でいうと、ネコの本気最高速度が時速48キロらしいので、ネコの本気にもギリギリ勝つ速度。

サイの本気最高速度は時速50キロらしいので、お尻にツノ刺さるか刺さらないかのギリギリの感じでく感じ。

ライオンの本気最高速度は時速58キロらしいので、これはもう、バックリいかれますね。足から何から。

あと、オオカミに至っては、本気最高速度は時速70キロらしいので、逃げる余地もなく、余裕でまず首根っこを正確無比にいかれると思います。

って何の話や・・・。

35メートルの塔

まだ誰も見たことのないロンドンを見られるこの ZIP WORLD LONDON、

7月12日から12週間の期間限定で絶賛開催中です!

ちなみに関係者によると、チケットは「飛ぶように売れている」ということ。

鳥のように飛ぶ体験のできるアトラクションのチケットが、鳴かず飛ばずだったらどっちらけですが、飛ぶように売れてるとのこと、何よりだと思います。

この、LONDON ZIP WORLD は、実は今年初めての試みなんですが、興的に成功すれば、来年以降の定期開催可能性も十分にあり得るとのことです。

【価格】
大人:£22.50
学生:£18.50
子供(8歳以上):£16.50
その他グループ割引・セット割引もあり。

開催時間】
10am – 7pm

(おまけ)帰り道に・・・・

あ〜、楽しかった、ということで、帰宅するために近隣のウォータールー駅に向かって歩いていました。

すると、こんな風景にでくわしました。

ロンドン市内で映画の撮影中

「あ、なんかの撮影してる!」

ケイト・ウィンスレットはいるかな?

ロンドンの街は(ハリウッドや英国産)映画やドラマにとって、大人気の撮影場所なんです。

結構頻繁にいろんな場所で撮影がわれているようですが、

僕はロンドンの街をけっこうウロウロしてる割に、今回初めてこのような現場に遭遇しました。

 

警備の人に聞いてみました

“What are they shooting?”

 

すると、

“It’s a movie called The Mountain Between Us.”

という答え。

 

さらに聞いてみました

“Who are the actors?”

 

そしたら、

“Kate Winslet.”

だって。

 

へ〜!ケイト・ウィンスレットがあそこにいるんだ!

僕、結構、彼女好きなんですよね(誰も聞いてないと思うけど)。

もっと近くにって状況を見守ってもよかったんですが、生ウィンスレットを拝むことなく、しばらくして現場を後にしました。(だって、夕飯時でお腹空いてたから)

調べるとこの映画のようですね。

そんなわけで、ロンドンから川合亮平でした。

またね。ばいなら〜。

川合亮平の本

こちらもおすすめ!

川合亮平

川合亮平(かわい・りょうへい)
英語インタビュアー、通訳・翻訳者、ライター。All Aboutイギリスガイド。特徴は、イギリス英語と大阪弁を話すこと。枠にとらわれない活動を展開中。登場メディアは多岐に渡る。東京、ときどきロンドン在住。詳細こちら