GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

勝手に調査! 世界寿命差ランキング

勝手にENGLISH JOURNAL!

『ENGLISH JOURNAL』の最新号を見ながら勝手に英語日本語でトークするポッドキャスト番組「勝手にENGLISH JOURNAL!」。今回は番組で話題になった「人間の寿命」について調べてみました。 かかってこいや!

日本人の平均寿命って?

勝手にENGLISH JOURNAL!

ポッドキャスト番組「勝手にENGLISH JOURNAL!」も気が付けば第5回! ありがとうございまーす! 5回目の放送では、香港出身のJoyceさんと 書籍『LIFE SHIFT』の100年ライフについて話しました。

ドラゴンボールの最強悪役ですら欲していた「寿命」が延びることは大変素晴らしいのですが、聡明な男性読者はお気づきなのではないでしょうか。

「あれ、100年ライフとかいっても平均寿命って男女で不平等なんじゃ...?」

WHO世界保健統計2016年版では、日本人の平均寿命は83.7歳。しかしこれは男女平均であって、日本人男性の平均寿命は80.5歳なのに対し、日本人女性は86.8歳。なんと6年も早く男性は...。

勝手にENGLISH JOURNAL!

WHO世界保健統計2016年版

こうした寿命の女性優位は世界的な傾向なのでしょうか。それとも日本に限ったものなのでしょうか。地球上に、女性よりも男性が長生きする国家は存在しないのでしょうか。

男性性について不安を覚えた筆者が、勝手に世界寿命差ランキングを調べてみました!

書籍『LIFE SHIFT』が気になる方はこちら
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

 
英語で読んじゃうぜ!の方はこちら
The 100-Year Life: Living and Working in an Age of Longevity

The 100-Year Life: Living and Working in an Age of Longevity

 
雑誌もあるみたいですよ

発見1:男性が女性より長生きな国は存在しない

勝手にENGLISH JOURNAL!

WHO世界保健統計2016年版でデータが存在する180カ国について、男性の平均寿命から女性の寿命を引いたところすぐに「180カ国すべてにおいて男性が早死に!」ということが発覚しました。っくぅーッッッ!!!(染みる感じで)

ちなみに、男女の寿命差が大きいランキングの上位20ヶ国は次の通りです。

勝手にENGLISH JOURNAL!

WHO世界保健統計2016年版

を眺めても何の感慨もわきませんが、聡明な方は1つの可能性に気づいたのではないでしょうか。あらゆる国家で男性のほうが早死になことは確定してしまいましたが、先のと逆 ― つまり寿命差が限りなくゼロに等しい国家があるのではないか?

お答えしましょう!

男女の寿命差が小さいランキング上位20カ国がこちらになります!

勝手にENGLISH JOURNAL!

WHO世界保健統計2016年版

発見2: 寿命差が小さい国は平均寿命が短い

勝手にENGLISH JOURNAL!

を見ていてもイメージがわかないので、

  • 寿命差が大きいランキングの上位20位
  • 寿命差が小さいランキングの上位20位

についてMapchartを使ってそれぞれ地図に色を塗ってみました。

寿命差が大きいランキングの上位20ヶ国

勝手にENGLISH JOURNAL!

寿命差が大きい赤色の国は、バルト三国や東欧などのロシア周辺に集まっていることがわかります。(20カ国中13国がロシア周辺)

なぜでしょうか。誰か知っていたら教えてください。

寿命差が小さいランキングの上位20位

勝手にENGLISH JOURNAL!

寿命差が小さい緑色の国はアフリカに集まっているような気がしませんか?(20カ国中10カ国がアフリカ)。これらの国は、先進国と比較して平均寿命が短い国がほとんどです。

例えばナイジェリアは平均寿命が54.5歳で、男性が53.4歳で女性が55.6歳。コートジボワールは平均寿命が53.3歳で、男性が52.3歳で54.4歳。男女差は小さいですが、信長の敦盛が余裕で通用してしまう寿命です。安土桃山か!

つまり

「女性と同じくらい男性が生きる国でも、(絶対値的に)結局男性は長生きできない」という結論が得られましたね!

でも人生は長く生きるかじゃなくてどう生きるかって誰かが言ってたから、お母さん産んでくれてありがとう

「100年ライフ」についてPodcastで聞いてみよう! 英語で!

アルクの月刊誌『ENGLISH JOURNAL』について「勝手に」トークをするPodcast番組「勝手にENGLISH JOURNAL!」では、この記事で紹介した「人間の寿命」についてのトークを聞くことができます。

「勝手にENGLISH JOURNAL!」では、パーソナリティーのジュンが日本語で、相方のネイティブスピーカーが英語で、トークを繰り広げているので、英語リスニングにもぴったりです。

聞いていると、思わずニヤリとしてしまう「勝手にENGLISH JOURNAL!」はPodcastまたは、Youtubeでお聞きください!


2017年8月号(1) 「LIFE SHIFT」目次で味わう地獄(?)の未来

「勝手にENGLISH JOURNAL」で紹介している書籍はこちら

ENGLISH JOURNAL

ENGLISH JOURNAL 2017年8月号

デヴィッド・ボウイの1999年に収録されたインタビューや、エマ・トンプソン(俳優)のインタビュー、世界のニュースなど、バラエティー豊かな英語が収録されています。「勝手にENGLISH JOURNAL!」のダイジェスト版連載も開始しました! 特集は「激動の両国で取材 英米リアルボイス 2017」。

詳細はこちら

 

Amazonはこちら

勝手にENGLISH JOURNAL!

文:「勝手にENGLISH JOURNAL!」編集チーム
「勝手にENGLISH JOURNAL!」は、アルク、b わたしの英会話音読アプリ「リピートーク」が共同でお送りする日英バイリンガルトーク番組。ENGLISH JOURNALの最新刊について勝手に話します。Podcast 好評配信中!