GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

初心者でもすぐに分かる! 【最新版】留学の種類と費用まとめ

f:id:alc_nakosan:20170720093047j:plain

海外留学してみたい! でも留学ってお金がかかりそうだし、どんな種類があるのか、仕組みも分からない……そんな心配をしている皆さんに「留学種類費用について紹介します。

目的予算に合った留学を知る!

一口に「留学」と言っても、「外国語を学びたい」「海外で学位を取得したい」「仕事に役立つ資格を取りたい」など目的は人によってさまざまです。また「正規留学だとすごくお金がかかりそう……」「語学留学なら安いの?」など留学にかかる費用気になるところ。留学にはどんな種類があるのか、それはどんな仕組みなのか、費用はどれくらいかかるのかを知って、自分にピッタリ合った留学のスタイルを選びましょう。

1.一年留学 大学生におすすめ

費用の目安:200~400万円(授業料、滞在費、食費、保険料)

「日本の大学に在籍したまま、海外の大学の授業を受けてみたい!」という人におすすめの留学です。海外の大学で1年程度の学部授業を履修し、その単位は在籍する日本の大学へ移できます。

英語力にあまり自信がない」場合は、留学先の大学に併設された英語研修施設である程度研修を受けてから、大学の授業を聴講するプログラムがいいでしょう。「英語力はある程度ある」場合は最初から大学の授業に参加して、すぐに専門分野の知識を深めることができるプログラムがおすすめです。

このほかにも、大学に併設された英語研修施設で1年間英語力を強化するプログラムや、語学研修を受けた後に現地でインターンシップを経験するプログラム、専門スキルを学んでからインターンシップを経験するプログラムなどたくさんの種類があるので、自分の英語力と目的に合わせて選ぶことができます。

以下のサイトではアメリカ、オーストラリア、イギリスの大学を紹介しています。

一年留学(一年間の休学留学・認定留学)|iae留学ネット

2.海外進学 高校生、社会人におすすめ

費用の目安(1年):200万~450万円前後(授業料、滞在費、食費、保険料)

「海外の大学・大学院の学位を取得したい」「MBA(経営学修士)を取得してキャリアアップを目指したい」という人におすすめの留学です。

海外の専門学校や大学・大学院に進学し、外国語(留学先の言語)で専門的な分野を学び、資格や学位の取得を目指します。一般的な分野はもちろん、音楽、芸術、食文化などについても、最先端の研究に取り組む大学で知識と技術を得ることができます。

留学先の国や学校、専門分野によって条件が異なりますが、海外の大学・大学院に進学する方法は大きく分けて3つあります。

  1. 直接入学(学部入学)
    日本の高校を卒業後に海外の大学の入学試験を受ける方法です。高校3年間の成績、英語力、SAT(大学進学適性試験)やACT(数学や英語の適正検査留学先国による)の成績、志望動機書、推薦状など必要となります。
  2. 日本の大学からの編入
    日本の大学在学中、または短大卒業までに修得した単位を認定してもらい、残りの卒業単位を海外の学校で修得して学位取得を目指します。
  3. 留学先の学校からの編入
    アメリカやカナダの2年制大学(コミュニティカレッジ)から4年制大学へ編入する方法や、オーストラリアの職業訓練機関(TAFE)やイギリスの公立カレッジから3年制大学に編入する方法です。費用が抑えられることや、直接入学が難しい有名大学へ編入しやすくなるというメリットがあります。

以下のサイトでは、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スイスの大学を紹介しています。

海外進学(大学留学)|iae留学ネット

3.パスウェイ留学 高校生向け

f:id:alc_nakosan:20170720093110j:plain

費用の目安(1年):200~450万円(前項の海外進学に準じる)
※大学1年から入学する「直接入学」の場合よりも費用は抑えられます

「高校の成績があまり良くない、英語力に自信がない、経済的にきつい……だけど海外進学をしたい」という人におすすめの留学です。

出願時に入学基準として設けられている英語力に満たない場合、大学付属のカレッジや語学学校、私立のパスウェイプログラムを持つカレッジで勉強して、英語力とGPA(最終学歴の成績)が進学を希望する大学の規定をクリアすれば、大学の2年次に編入することができます。

パスウェイプログラムは大学に直接入学するよりも基準が緩やかなため、大学の入学基準に満たなかった人にとっては、セカンドチャンス! 諦めずに挑戦してみましょう。

以下のサイトでは、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの大学進学希望者へ、パスウェイプログラムを開講している学校を紹介しています。

パスウェイ留学(資格取得を目指す留学)|iae留学ネット

4.語学留学 英語力を身に付ける

費用の目安(1カ月~1年):20~240万円(授業料、滞在費、食費、空港への出迎え片道料金)
上記以外にかかる費用:航空料金、海外留学保険、ビザ申請料(ビザ申請必要な場合)、教材費、昼食代、現地交通費、アクティビティ費

「とにかく海外へって、その国の言葉を勉強したい!」という人におすすめの留学です。「留学=語学留学」というイメージの方も多いのではないでしょうか? 学校以外でも、日常生活で外国語を使わざるを得ない状況に置かれるので、実践的な語学力を身に付けることができます。

語学留学留学先、費用期間、プログラム内容などの自由度の高さが魅力です。「海外経験がほとんどなく、何もかも心配」「とにかくリーズナブルに」「日本人留学生が少ない方がいい」「学校のキャンパスにこだわりたい」「仕事は辞めずに留学したい」など、個々の希望に沿ったプランを選ぶことができます。

なお、カナダ、ニュージーランド、マルタ、アイルランドの4カ国は、近年、比較的リーズナブルな費用(10万円前後)で留学できます。

語学留学(手続など完全無料サポート)|iae留学ネット

こちらの記事では10万円で留学できる国を紹介しています。

gotcha.alc.co.jp

5.ヴォケーショナル留学 資格取得目指す

f:id:alc_nakosan:20170718153333j:plain

資格取得にかかる費用の目安:
1~4日間で取得できる資格 5千~1万円
4~10週間で取得できる資格 20~70万円
15週間~2年間で取得できる資格 30~200万円
上記以外にかかる費用:航空料金、海外留学保険、滞在費、食費、ビザ申請料(ビザ申請必要な場合)、教材費、現地交通費、アクティビティ費

「将来のキャリアに役立つ海外の資格を取りたい!」という人におすすめの留学です。ヴォケーショナル(Vocational)は「職業の、職業指導の」という意味で、海外の大学・大学院、専門学校、語学学校などで理論と実技を同時に学び、資格の取得を目指します。

1日で取得できるバリスタ資格、1~3カ月で取得でき日本政府も認めている英語教師資格、キャビンアテンダント資格、4~10カ月で取得できる通訳・翻訳、医療などの専門資格や修士号など、さまざまなものがあります。

語学学校などのプログラム修了時にもらえる修了書とは異なり、その国が認める正式な資格なので、海外就職やグローバル企業への就職を目指す方に役立つでしょう。

以下ではアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、スイス、スペインで資格取得ができる学校を紹介しています。

ヴォケーショナル留学(資格取得を目指す留学)|iae留学ネット

6.インターンシップ留学 大学生向け

費用の目安(数週間~1年間):10万~80万円(滞在費、食費、保険料)
留学する国、学校、プログラム内容によっては220万円ほどかかるものもあります

「語学の勉強だけじゃなく、海外の企業形態や働き方を体験したい!」という人におすすめの留学です。

海外の職場環境や仕事の仕方を経験できるので、語学力だけでなく、コミュニケーション能力や適応能力向上します。国内外を問わず、これから就職や転職、キャリアアップを考えているなら、こうした海外での経験は役に大いに立つことでしょう。

「語学研修+ボランティア」「語学研修+有給インターンシップ」「大学院レベルの専門分野の基礎知識を修得+有名企業でインターンシップ」など、数週間~1年間のさまざまなプログラムから選ぶことができます。

アメリカ、オーストラリア、スペインでのインターンシップ留学紹介しています。

インターンシップ留学(語学研修+海外インターンシップ)|iae留学ネット

7.ティーチャーズホームステイ 時間がない人向け

f:id:alc_nakosan:20170720093124j:plain

費用の目安(1週間):18万円前後(授業料、滞在費、食費)
上記以外にかかる費用:航空券代、海外旅傷害保険費用、ビザ申請費用(渡航先による)

「マンツーマンレッスンで語学力を身に付けたい!」「自分のレベルに合わせて語学学習をしたい!」「短期間で語学力を向上させたい!」という人におすすめの留学です。

語学学校に通うのではなく、先生のお宅にホームステイして語学の個人授業を受けられます。ホストファミリー(先生)は学びたい内容、趣味など考慮して決められ、滞在期間中のレッスン数や、授業のスタイルなども個人個人の希望に沿ったオリジナルプランを作ることができます。

留学先はイギリス、ニュージーランド、カナダなど10カ国以上から選ぶことができます。

ティーチャーズホームステイ(先生宅でマンツーマン語学留学)|iae留学ネット

留学で迷ったらiae留学ネットへ

留学のイメージが少し固まってきましたか? たくさんの種類があって結局どれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれませんね。そんな時には「iae留学ネット」に相談してみましょう。無料のメール相談やカウンセリングもあります。あなたにピッタリの留学がきっと見つかりますよ!

www.iae-ryugaku.net

iae留学ネットでは上記の留学のほかにも、夏休みの1週間~1カ月間を利用した短期留学プログラム「夏留」や、ゴールデンウィークを利用した1週間だけの留学「ゴールデンウィーク超短期留学」など紹介しています。

こちらもおすすめ

gotcha.alc.co.jp

gotcha.alc.co.jp

f:id:alc_nakosan:20170612160958p:plain

取材協力:iaeグローバルジャパン
文:中島もえ/編集:Natsue Tanaka (GOTCHA!編集部)