GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

学んだ英語がアウトプットできた! 14人の「おもてなし」満足&冷や汗体験! 

あなたの「おもてなし体験」

英語を学んできてよかったな」と思ったことはありますか。試験の合否やスコアアップだけじゃなく、自分の英語力が誰かの役に立てた!という経験がしてみたいですね。そこで英語コミュニティアルコムワールド内で、英語学習のベテラン勢に、外国の方を「おもてなし」したときのことを聞いてみました。「アリカトウ」がうれしかった体験や、冷や汗が出た体験など、たくさんの体験談が集まりました。ここで、その一部をご紹介します。

 

alcom.alc.co.jp

おもてなしに燃えています!

おもてなしに燃えています!

2020年の東京オリンピックのときには、海外からのお客さんがたくさん集まってきますね。日本で快適に過ごしてもらえるように、さまざまな機関が今から備えているようです。なにか自分でも「おもてなし」したいなと考えている人も多いのでは。

東京都の「外国人おもてなし語学ボランティア」の1日講習を受け、May I Help You?バッチを取得。少しは手伝いたいという気になります。かなり以前、駅で"May I Help You?"と言ったら怪しい奴と思われ、無口でそそくさと無言で立ち去られた経験の傷も、ようやく癒えてきました。

YOSHI-sanさん) 

東京では、まだ外国人に 「おもてなし」をしたことはありませんが、3年後にはバリバリ 「おもてなし」するぞーと燃えてます。

エレミヤさん)

シンプルな英語の方が伝わるという実感をしました。おもてなしの実際は結構難しいし、恥ずかしかった。また、機会があったらトライしたいです。もっとスマートに笑顔で自信持っておもてなししたいです^^

elly2さん) 

親切がすぐに伝わりにくい場合もあるんですね。声をかけるときに勇気が要るけど、そんなときは「May I Help You?バッチ」が役立ちそうですね。助けてくれる人なんだということが分かりやすいし、外国人の方から声をかけてもらえるきっかけになりそうですね。

www.omotenashi-v.metro.tokyo.jp

 

駅周辺はおもてなしスポット!困っている外国人がたくさんいます

駅周辺はおもてなしスポット!

通い慣れていない場所では、電車の乗り継ぎや駅の出口など、日本人だって迷ってしまいそう。海外から来た人たちが困っているのを見かけたら、どんな親切ができるでしょうか。

外国人にとって、電車のアナウンスが分かりにくいと思います。次は●●駅(目的地)に止まります」と言うのを聞いて、今いるところが●●駅なのかも、と不安がったり、「●●駅には止まりません」というのも、●●だけ聞き取って混乱しがち。

Azlawさん) 

他の駅で発生したトラブルで、電車が来ない。私は違う線に乗り換えるので、そのトラブルを近くにいる外国人2人に説明し、近くの日本人を巻き込んで彼らの先を説明しました。ま、いいことをしたかな。

YOSHI-sanさん)

駅で切符の買い方が分からない外国人が、きたい駅名を指差し、身振りで訴えていました。私が英語で、"So, do you want to buy a ticket to ●●?" と尋ねると、安心したように、"Yes, yes!" と。彼から500玉を預かり操作して、切符が買えて一安心

エレミヤさん)

電車内で英語版路線図をのぞき込んであれこれ相談していた韓国人少女2人。渋谷で降りるという会話が聞こえていたのですが、次が「渋谷」だと気付いていない様子だったので、教えてあげました。

chara-nom ♥️さん)

 

緊急ボタンが押されて、本来なら止まらない駅に一時停車。勘違いして降りようとした外国人ビジネスマンに「違う、いつもと違って止まってるだけで、ここはまだ●●駅じゃない」と教えてあげました。

chara-nom ♥️さん) 

 

他の乗客に、「この電車は●●駅に止まりますか?」と尋ねた外国人カップル。聞かれた人は「Yes」。あれー?止まらないハズ!「●●駅で降りたいのなら向かいの電車に乗り換えて!」とお節介しちゃいました。

chara-nom ♥️さん) 

 

英語説明しても全然通じない場合もあります。仕方ないので改札まで案内し、「あとはあっちの方へ歩いてね~」とジェスチャーで。

chara-nom ♥️さん) 

 

「おもてなし」は通訳や道案内だけじゃない!

通訳や道案内だけが、おもてなしではありませんね。相手と仲良くしたいという気持ちや、楽しんでもらいたいと思う気持ちを動でした体験があるようです。

お遍路ったとき、外国人と気軽に一緒に飲んだり食ったり、同じ善根宿や寺に泊まったり。いろいろな情報提供案内して、食事をおごりしました。四国はお接待文化だしね。ただ話しかけるのもおもてなしの一つだろう。だいたいは旅先での話ですけどね。

kent13さん)

アメリカ留学中に、地元の小学校で「折り紙」を子どもたちに教えました。折り鶴は難しいので風船の折り方を披露することに。その日は地元の新聞記者が来ていて、私が子どもたちと折り紙をしている様子が、大きな写真入りで掲載されました!

エレミヤさん)

ケーキ屋のバイトで、まだ接客に自信が持てなかったある日、ベトナムからのお客さんがやってきました。子どものころベトナムの女の子が教えてくれたベトナム語が役に立つチャンス!思い切って「ジャオ!(こんにちは!)」と挨拶をし、メニューを指して、「モー、ハイ、バー、ボン? ナム、サー?」(1番、2番、3番、4番?それとも5番、6番?)という感じで訪ねたら、素敵な笑顔でアイスを注文してくださりました。最後に、「カムウン!(ありがとう!)」とお礼を言いました。一部始終を見ていた店長が喜んでくれて、お給料が上がりました!接客に自信がつきました。

空飛ぶオレンジさん)

悔いが残った「おもてなし」体験

親切な気持ちだけじゃ、うまくいかないこともあるんでしょうか。悔いが残った状況とは……。

駅で目的までき方を尋ねている外国人に、日本人が英語説明しているようでしたが、イマイチ、ピンとこない様子でしたので、説明を代わってあげました。ところが、間違えたき方を伝えてしまいました。最悪です……。駅員にまず聞いたほうが良かった……。

243さん)

情報を間違えて伝えてしまったことを悔やむ気持ちが分かりますが、困っている人がいたら、自分が何か役に立てるんじゃないかって飛び込む243さんのお気持ちは、十分に「おもてなし」だと思います。

  

知人宅にホームスティしている留学生と日帰り旅ったときのことです。ホストファミリーは一緒にけなかったので、お土産を買おうと言ったら、お土産の趣旨について問われ、うまく説明できませんでした。納得できなかった彼女は、お土産を買いませんでした。お土産を買わなければならない、というわけではありませんが、うまく説明できなかったことを反省しています。

Azlawさん)

 お土産についてうまく説明できていたとしても、文化の違いや個人の事情があったのかもしれませんね。

 

駅前でちょっと迷っている感じの人に"May I help you?"と話しかけたら、不機嫌そうな顔でスルーされてかつ、その人が戻って来て、「ガイジンだからって英語で話しかけるのはどうかな」みたいなことを皮肉っぽく言われました。おそらくその人は英語を母国語としない人だったのでしょう。

lovieさん)

外国人ならみんな英語を話すとは限らないってことが分かる体験をシェアしていただき、勉強になりました。場合によっては「何かお困りですか」と日本語で声をかけるのがいいのかもしれませんね。どんなケースでも、暖かい気持ちは必ず届いているはずですよね。

 

この言葉は通訳したくない!と、焦った経験

この言葉は通訳したくない!

通訳していて、「この言葉は訳したくない」と思う経験もあるようです。どんな言葉や場面でしょうか。

生家が料亭で、海外からのお客様への料理の説明は私の仕事。椀だねのひとつに「菜の花」があったので辞書を見たら、"rape blossoms"。"rape"は女性を無理やり押し倒すアレと全く同じ単語。印象悪いし、できれば口にしたくない……。お座敷にくと、お客様の1人は女性。そしてどうか尋ねないでというワタシの密かな願いもむなしく彼女は、「コレハナンデスカ?」「れ・れい…a kind of spring edible flower」何とかかわしました。今は"field mustard"が一般的なようです。他には"canola flower"とか" chinese colza"とか。こーいうのも "political correctness"なのかな。

Phoebeん) 

私が通訳を任されていた外国人が、デジカメを買いたいというので、家電屋へ連れてくと「●●円以下にしないと買わないぞ」と、値切ろうとしました。

エレミヤさん)

 

英語でどう言えばいいの?May I help you?ってどうなの?

困っている人を見たら親切にしてあげたい、でもドキドキしてためらっているうちに、タイミングを失ってしまう。こんなことが起こらないように、心も英語準備をしておきたいですね。"May I help you?"って言うのはどうなんでしょうか。

ん、"May I help you?"と言ったことはないですね...。友だちに敢えてOfficial感を出すという冗談で使ったことならありますけど。

trotさん)

日本の知らない都市で一番困るのは交通機関です。路線図を必死に見いっている外国人には"Where do you have to go?"と話しかけます。日本の電車やバスには不要なアナウンスが多すぎます。発車しますからご注意くださいとか、忘れ物に注意とか、危険ですからおつかまりくださいなどなど

Didgevillageさん)  

駅の掲示板を見て困り顔の外国の方に、間違った英語で話しかけたら怪しまれました。それでも、根気よく英語で続けたら、単語がややこしいので簡単に言ってほしい、片言の日本語なら話せます、と言われました。結局、目的地と、必要な切符の確認と、時刻、路線の番号、費用、乗り換えの有無を駅員さんとやり取りして英語で伝えました。大変でしたけど、到達時刻を教えて、電車まで見送りました。

elly2さん) 

やはり、駅や電車の案内などで外国人を助ける場面が多いようですので、できるだけ短いシンプルな英語説明するをあげてみました。

こちらから声をかけるときは 

Hi.  Do you need any help?

(こんにちは。何かお困りですか)

You look lost.  Where would you like to go?

(迷ったみたいですが、どちらへくのですか) 

目的までき方を説明する場合

例えば、地下鉄の市ヶ谷駅から京王井の頭線の永福町駅にきたい人へ

Take the Platform 3 train and change at Meidaimae Station.  Eifukucho will be the very first stop.

(3番線の電車に乗って明大前で、京王井の頭線に乗り換えたら1つ目の駅です)

切符の料金や目的までの時間を伝えたいなら 

A ticket costs 230 yen.  It should take about 20 minutes.

(切符は230円です。だいたい20分くらいかかります)

電車が遅れているとき、駅でのアナウンスを伝えたい

The trains on this line have been delayed because due to an earlier accident.

(電車がまだ来ないのは、前を走る電車にトラブルがあったためです)

Are you going to ●● Station? You can ask the staffs to give you a free bus ticket.

(●●駅にくのですか。 駅員から●●駅までのバス無料乗車券がもらえますよ) 

If you want to get to ●● Station, the quickest way is to change here to the ●● line.

(●●駅にきたいのでしたら、ここで●●線に乗り換えると早く着きますよ) 

It’s not ●● Station yet. This is not one of the train’s regular stops!  A passenger must have pressed the emergency button.

(ここはまだ、●● 駅じゃないです。この駅には普段止まらないんですが、乗客が非常停止ボタンを押したのかもしれません) 

乗換や下車を間違えそうな外国人に

The next station is ●●.

(次は●●駅です)

This train will not stop at ●●.

(この電車は●●駅には止まりませんよ)

We’re between ●● Station and ●●Station.

(今は、●●駅と●●駅の間を走っています)

●● Station is the third stop from here.

(●●駅なら3つめです)

You wanted to get off at ●● Station. This is it!

(●●駅で降りるんですよね。ここが●●駅ですよ)

This train doesn’t stop at ●● Station. If you want to get off at ●● Station, take the train on the other side of the platform.

(この電車は●● station駅には止まらないですよ。●● station駅で降りたいならホームの反対側の電車に乗り換えて)

 

気負わずに、できることをできる範囲

駅で困っている外国人の家族を助けたとき、その家族のこどもが「アリガトウ」と日本語で言ってくれたのがうれしかったです。突発的な場合は機転がきかず、十分に手助けできないことがあるけれど、できる範囲でよいのでは、と思います。次の誰かが助けてあげるでしょうし。

YOSHI-sanさん)

いかがでしたか?「おもてなし」ができそうな場面は、突然やってくることもありますね。こんな状況なら、私も何かできそう!と具体的なイメージがわきましたか。アルクでは、オリジナルTシャツを着て街で「おもてなし」をする企画を考えています。これまで頑張ってきた語学力を最大限に生かして「おもてなし」を皆さんと一緒に楽しめたらいいです!

 

皆さまどうもありがとうございました!

今回もアルコムの皆さまから多くの回答をいただきました!

Didgevillageさん、YOSHI-sanさん、Azlawさん、エレミヤさん、243さん、Mayabutaさん、elly2さん、Phoebeさん、kent13さん、trotさん、空飛ぶオレンジさん、B.A.Rickyさん、lovieさん、chara-nom ♥️さん、皆さまどうもありがとうございました。

 

gotcha!

文:honeybun
GOTCHA!のエディター&ライター。
アルコムワールド事務局メンバーの一人。
動物大好き。ダンス大好き。地球大好き。