GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

海外進学をあきらめない! 無駄なコストを省く「DIY留学」のすすめ

f:id:alc_nakosan:20170526140712j:plain

国際的な留学エージェントであるiaeグローバルジャパン(東京都新宿区、代 野々山彰一)が、日本人向けにDIY型の留学支援サービスをローンチ。できる限りコストを抑えて、リーズナブルな価格での海外進学をサポートする。

留学支援サービス「iae留学ネット」

アジア各国で留学生のサポートを行う留学エージェントであるiaeグローバルが、日本人向けにDIY型の留学支援サービスをローンチ。

留学必要な知識を動画で学べる「留学アカデミー」や最大30万円が支給される「iae奨学金」などをさまざまなサービスを利用することで、無駄なコストを省いた、リーズナブルな価格での留学が可能になる。

留学サポート無料エージェント|iae留学ネット 

iaeグローバルは、国際的な留学情報誌であるSTM (The StudyTravel Magazine)から、アジアにおける留学エージェントの最優秀賞に選ばれるなど実績を持つ留学エージェント(世界最多の4回受賞)だ。

わかりづらい留学仕組みを動画で学ぶ「留学アカデミー」

今回、同社が運営する「iae留学ネット」に新たに加わったのは、各国共通の留学情報と各留学先の国ごとの情報を効率よく学習できる「留学アカデミー」という動画コンテンツ。

6つのチャプターで全3.5時間。移動中や待ち時間など、外出先でも見やすいようスマートフォン画面に合わせた縦長動画だ。

留学を動画で学習!「留学アカデミー」|iae留学ネット

留学アカデミー」を利用することで、これまで留学エージェントや旅会社に直接相談かなければ得られなかった専門的な留学知識を、いつでもどこでも学ぶことができる。

f:id:izudondon:20170526131750p:plain

視聴には4,800円必要だが(通常価格)、期間限定キャンペーンとして、コンテンツが無料になるスペシャルクーポンが用意されている(6月末まで)。この機会にぜひ利用してみよう。

最大30万円のiae奨学金も

また留学アカデミーの修了者には修了書を発行される。これを、iaeでの留学相談手続きの際に提示する留学期間によって最大30万円のiae奨学金を受け取ることもできる(支給の諸条件について詳細は同社まで)。

留学アカデミー奨学金制度|iae留学ネット

できることはDIYで。無駄なコストを抑えよう

留学アカデミーやiae奨学金など、同社が打ち出すサービスに共通するのは「無駄なコストを抑えてワンランク上の留学を」というコンセプト。

確かに留学は、多くの費用と時間を必要とする大変な経験のひとつ。だが、大切な資金と時間は、手数料紹介料ではなく、出来る限り「留学そのもの」に使って欲しい、準備にかかるコストを最大限抑えて欲しいというのが、同社の考え方だ。

では、どんなコストが抑えられるのか? 留学ネットではどのようなサービスを提供しているのか? 代的なところを紹介しよう。

省けるコスト(1) 海外旅的な要素の手数料

留学では、留学先の学費や生活費以外にも、海外旅的な要素(フライトチケット、ビザ申請、現地での移動など)が発生する

一般的な留学エージェントに手続き依頼すると、これらの手配などまとめ依頼することになる。これは、便利な反面、自分で個別に手配する場合と比べると、手数料などが上乗せされるためにどうしても高くなってしまう。

しかし、フライトはオンラインのサービスを利用すれば個人でも安いチケットを容易に購入できるし、ビザの取得も、ほとんどの国では、日本人は容易に取得できる。個人旅では常識になりつつあることだが、それは留学でも同様、というのが同社の考えだ。

iae留学ネットでは、基本的な留学手続きのサポートはすべて無料提供し、ビザ申請に関するアドバイスや航空券販売会社の紹介無料提供している。

省けるコスト(2) 学校への直接送金で、為替負担を軽減

f:id:izudondon:20170522103712p:plain

さらに大きな無駄が為替。

通常留学エージェントや旅会社を通すと学費の支払いは日本円での支払いになるが、多くの場合、留学エージェントは独自の為替レートを適用している。銀の為替レートに5円前後の上乗せがされることが多いという。

「5円」というと大きく感じないかもしれないが、例えば留学費用が2万ドルなら、約10万円、留学エージェント対して支払っていることになる。

この点についても、iae留学ネットでは、通常の銀レートのままの支払いとしている。

最終確認は経験豊富なカウンセラーが無料でサポート

もちろん、DIYだからと言ってすべて自己責任というわけではない。

必要書類に漏れや間違いがないか、必要資金は最終的にいくらになるか、学校側の受付状況に不備がないか、ビザや入学許可を得られる条件を満たしているかなど、重要なポイントについてはiaeの経験豊富なカウンセラーが無料でしっかりサポートする仕組みだ。

手持ち資金200万円での海外進学も可能に!

f:id:alc_nakosan:20170606151819j:plain

同社 日本代の野々山 彰一氏は、iae留学ネットや留学アカデミーの背景について、次のように説明している。

海外進学は、語学留学などに比べると確かに高価。留学エージェントの見積や、学校の情報だけで判断すると1000万円を超える資金が必要となり、その金額を見てあきらめてしまうケースが少なくありません。しかし「自分でできることは自分でやる」DIY留学考え方留学を計画すれば、その費用は大きく抑えられます。

また、海外留学を支援する数多くの奨学金制度や学校が提供するキャンペーンを活用し、iaeが持つ節約ノウハウを組み合わせることで、さらに必要資金を抑えることが可能になります。iaeのモットーは「すべての人に留学を」。今回のサービスで、一人でも多くの方に留学の機会を提供できれば、と考えています。

各サービスの詳細問い合わせ先はこちら。