GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

五月病をぶっ飛ばせ!アメリカ人が元気を出したい時に飲む魔法の「チキンスープ」とは?

五月病にはチキンスープ

皆さん、こんにちは!グルメな写真から英語を楽しく勉強できるインスタグラム「@eigogurume」のローラです。突然ですが、「こころのチキンスープ」という本のことを聞いたことありますか?90年代のアメリカで大ブームとなった感動&感激を与える短編集ですが、こちらの本のタイトルはアメリカ人にとって「元気が出る」「癒してくれる」料理「チキンスープ」をイメージしてつけられています。 

 

こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語

こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語

  • 作者: ジャックキャンフィールド,マーク・ビクターハンセン,Jack Canfield,Mark Victor Hansen,木村真理,土屋繁樹
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 1995/07
  • メディア:
  • 購入: 25人 クリック: 186回
  • この商品を含むブログ (25件) を見る
 

今回はそんな「チキンスープ」について紹介したいと思います!チキンスープってそもそも何?アメリカ人はチキンスープをいつ食べるの?食べたら本当に元気でますか?など質問を全て答えます!

チキンスープとは

キャンベルスープ

「チキンスープ」は名前通り鶏肉をベースにしたスープです。アメリカではチキンスープといえば、chicken noodle soup(チキンヌードルスープ)が定番です。Chicken noodle soup の基本具材はコンソメ、鶏肉、麺(短く切ったスパゲッティやエッグヌードル)、と野菜(人参、玉ねぎ、セロリが定番)。手作りする家庭もあれば、缶詰で買う方もたくさんいます。アメリカのスーパーで缶詰やスープがあるエリアにいくとチキンヌードルスープは必ず置いてあって、惣菜やおかずがあるエリアでもホットスープがあれば絶対チキンヌードルスープも置いてあります。

ちなみに、チキンヌードルスープの缶詰の中では一番有名なのは日本でも見かける赤白デザインの「Cambell's Soup」(キャンベルスープ)。日本ではキャンベルスープといえばクラムチャウダー、ミネストローネ、コーンポタージュなどがよくスーパーによく並んでいますが、アメリカではキャンベルスープといえばチキンヌードルスープが一番人気です!アメリカの全国のスーパー売り上げの人気商品トップ10位にほぼ毎週入っているという噂もあって、味はちょっと薄くてとてもシンプルなスープですが長年人気が続いています。Cambell's Soup 以外にも Progresso というブランドも大人気で Cambell's よりちょっと具材ががっつり入っているチキンヌードルスープの缶詰で有名です。

 

synchrolife

アメリカ人にとって「おかゆ」的存在

アメリカ人にとっては「チキンヌードルスープ」はおかゆ的な存在です。風邪を引いた時、胃の調子が悪い時、元気がない時などに食べたくなる定番の料理です!シンプルで優しい味は調子が悪くても食べやすくて、暖かいスープが痛い喉や冷えた体を癒して、ちょっとした炭水化物と野菜は栄養になるので、アメリカ人的には元気がない時の最高の料理です!お母さんや大切な人が作ってくれたら、なおさら元気がでますね♪

チキンスープは本当に風邪に効果あり!?

soup

チキンヌードルスープがアメリカ人にとって風邪を引いた時の定番料理になっているわけですが、本当に風邪に効果あるの?と思うかもしれません。実は、結構役に立つ料理なのです!薄い味は子供から大人まで食べやすく、スープが水分補給にもなりますし、鶏肉と麺でお腹いっぱいになるという栄養面以外にも、鼻のつまりや咳に効く抗炎症効果もあるというリサーチも出ています。(参照データはこちら

缶詰を買っておけば一人暮らしでも簡単に作れるし、まさに風邪を引いた時にぴったりなメニューです!

アメリカで「五月病」ってありますか?

日本ではよく今の時期「五月病」の話が出てきますが、アメリカでは「五月病」というものはありません!アメリカはゴールデンウィークがないし、新しい学年は秋から始まるし、卒業シーズンが5月〜6月ですし、新入社員も決まった時期ではなく色んな時期に入社するので、いろいろ日本と事情が異なって五月病にならないみたいです。

「アメリカで五月病がないのなら、どうやってアメリカ人や英語圏の方に五月病を説明したらいいですか?」

と何度も聞かれたことありますが、個人的には「spring blues」(春ブルー)や「May blues」(五月ブルー)が一番わかりやすくて伝わると思います。英語で「blues」というのは「ちょっと憂鬱な気分」「切ない気分」という意味を持つ言葉なので、五月だからちょっと落ち込んだ気分をすのに便利です。日本語でも「ブルーな気分」をいうと同じですね。

また、五月病よりちょっと真剣なうつ病なら「winter depression」(冬季うつ病)や「seasonal depression」(季節性気分障害)と説明すれば通じますが、医者さんなど相談するほどでもない軽い感じの五月病のようなものならこの言葉はちょっと強すぎるかもしれません。

ちなみに「五月病」のことを英語で「May disease」というサイトもありますが、アメリカや英語圏ではこのようなものは存在しないためこれはなかなか通じないですし、「disease」(病気、病)という強い言葉を使っていると本当の病気、真剣な病気だと勘違いされる可能性もあるので、私はあまりオススメしません。

あなたの元気が出る料理を教えてください!

synchrolife

あなたは風邪を引いた時や元気がない時に、いつも何を食べていますか?元気が出る料理や食べ物がありましたら、ぜひ賢くなるグルメアプリ「シンクロライフ」で教えてください♪シンクロライフはあなたの食の好みや好きなお店を学習して美味しいお店を集めてくれる楽しいグルメアプリです!

私もいつも日本でのグルメ開拓をしてアップしていますので、よろしければ「シンクロライフ」で仲良くしましょう!友達検索で「Laura」を検索すればすぐ出てきます。みんなのオススメなお店を楽しみにしています。Hope to see you in SynchroLife!

App Store と Google Play で無料ダウンロードはこちら

Instagramで私のミニ英語レッスンもぜひチェックしてね!

 

ちょっと元気がない時や風邪をひきそうな時は chicken noodle soup を食べてみてはいかがでしょうか?きっと元気になれると思いますので、ぜひ試してみてください!五月病に負けないで、元気で頑張りましょう!

 

gotcha!

文:Laura Symborski(ローラ・シンボルスキ)
アメリカのメリーランド州で生まれ育ち、大学から日本語を勉強しはじめた。元JETプログラムの外国語指導助手(ALT)。現在は東京で賢くなるグルメアプリ「シンクロライフ」のチーフディレクターとして、世界の人々に自分に合う美味しいお店とグルメコミュニティーを提供できるように開発及び運営に従事している。インスタグラム「@eigogurume」でグルメな写真を通して英語を楽しく勉強できる投稿も日々更新中。

編集:末次志帆