GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

疲れたあなたを癒したい。鹿児島地元民に人気のヒーリングスポットを英語でご紹介

鹿児島を英語で紹介

写真提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

アルクが日本各地の魅力を日本語英語で発信する連載、「アルクの勝手にお国自慢」。 今回は「鹿児島県」。

九州地方のもっとも南に位置する鹿児島。離島も含めると、南北600kmという長い県です。桜島をはじめとする雄大で豊かな自然や屋久島や奄美大島などの美しい島々。黒豚や黒牛、薩摩地鶏などの美味しい食べ物。もちろん酒好きにはたまらない焼酎も!

また。県内各地には個性的で魅力的な温泉もいっぱい。紹介したいスポットは沢山ありますが、今回は“心も体も癒される鹿児島”をテーマに英語を交えてご紹介します。

まずは体をリラックス

鹿児島の人は大の温泉好き。鹿児島の源泉総数は温泉大国の大分につぐ、日本で2番目です。(参考:平成28年版 環境統計集)銭湯のほとんどが温泉でしかも格安なので、家にお風呂があっても仕事が終わると近所の銭湯にサッと寄っては入浴します。人によっては毎日く人も。気分によってく温泉を変えたりもします。

Kagoshima people like hot springs very much. Kagoshima prefecture has more hot springs than any other prefecture in Japan, except for the “hot spa kingdom” Oita prefecture (reference :

http://www.env.go.jp/doc/toukei/contents/pdfdata/h28/2016_3.pdf

). Most of the public baths are reasonably priced and hot springs, Kagoshima people often use after work, even if they have a bath in their own home. Some go to a public bath every day, and may different one each time depending on their mood.

指宿温泉

f:id:yitengren:20170518094305j:plain

写真提供:公益社団法人 指宿市観光協会  *写真は山川砂むし温泉 砂湯里

鹿児島の中でも特に人気のスポットといえば、指宿温泉です。特に、「砂むし温泉」が有名です。海岸で潮騒を聞きながら砂の中に体を埋めれば、その心地よさに癒されます。

指宿にはいくつか砂むし温泉がありますが、その中でもオススメは指宿駅から徒歩20分ほどの場所に位置する、砂むし会館「砂楽(さらく)」。海岸の砂むし温泉に加え、館内には大浴場やサウナも完備する温泉施設です。

砂むし温泉は砂の圧力と温泉熱で血流もアップし、デトックス効果も普通の温泉の4倍あると言われています。目の前が海!という貴重なロケーションで世界的にも珍しい砂むし温泉をぜひ試してみてください。

Ibusuki Onsen is the most popular hot spring in Kagoshima. The “sand baths” are especially famous. Bathing in the sand, while listening to the tide at the coast, is very relaxing.

I recommend “Saraku”, which is a 20-minute walk from Ibusuki Station. It not only has coastal sand baths but also large indoor public baths and saunas.

It is said that sand baths increases the blood flow the sand pressure and heator “detoxing” is pseudo-science. How about enjoying one of those very rare sand baths in front of a wide ocean view!

硫黄谷温泉(霧島ホテル)

f:id:yitengren:20170509133001j:plain

写真提供:霧島ホテル

指宿は遠い!(鹿児島空港から車で約2時間かかります。)もっと早く温泉に入りたい!という人向けにご紹介したいのは、鹿児島空港からほど近い(車で約30分)、こんな豪華な「硫黄谷温泉」がある「霧島ホテル」はいかがでしょうか。

大浴場中央の立ち湯の奥はなんと25m。施設は全国の名石・名木を集めて作られた、壮大な癒しの空間です。こんなに広くて迫力のある内風呂はなかなかないので、1度は体験してみる価値アリです!

Ibusuki is not too easy to get to! (It takes about two hours by car from Kagoshima Airport.) If you want to go to a more conveniently located hot spring, how about “Iou-Valley Hot Spring” in Kirishima Hotel?

It is close Kagoshima Airport (about 30 minites by car) and is luxurious as you can see in the picture.

The depth of the standing hot water in the central public bath reaches 25 meters. The facility is a magnificent space created by collecting stones and national trees from throughout the country. Such an impressive hot spring is unique, and worth experiencing at least once.

渓谷で水のせせらぎを聞きながら食す

唐船峡

f:id:yitengren:20170518103728p:plain

写真提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

指宿にった際にぜひランチでって欲しいのが、回転式そうめん流しの発祥の地である指宿市営唐船峡(とうせんきょう)そうめん流し。年間20万人もの方々が訪れる、地元民も大好きな人気のお店です。

ここのそうめん流しは一般的にイメージする竹を使った“流しそうめん”ではなく、専用のそうめん流し器を使って、そうめんがグルグルと回っています。渓谷の気持ちの良い自然に囲まれた場所にあります。夏は涼しく、冬には暖房も入っており、一年中そうめんが楽しめます。

When you visit Ibusuki, I recommend you go to a restaurant in Tosenkyo. This is the birthplace of the rotating, “flowing somen” (thin noodles). Annually about 200,000 people visit Tosenkyo and of course the local people love it, too.

You might imagine "somen-nagashi" are served on bamboo, but here the noodles somen spin around inside a special sink-like device. Also, Tosenkyolocated in a ravine and is surrounded by beautiful nature. You can enjoy this special noodles throughout the year as it’s cool in the summer and warm in winter thanks to heaters.

ちょっぴりほろ酔い気分でリラックス

マルス津貫蒸溜所

f:id:yitengren:20170509134817j:plain

写真提供:本坊酒造株式会社

鹿児島で「お酒」といえば、「焼酎」。焼酎の工場見学ができる場所があちこちにあります。最近地元で話題になっているのが、2016年11月に稼働開始した、本坊酒造のウイスキー蒸留所「マルス津貫蒸溜所」。場所は本土最南端の、鹿児島県南さつま市加世田「津貫」にあります。

本坊酒造といえば、鹿児島で「桜島」など焼酎ブランドが有名なのですが、ウイスキーも長野県で長年生産しています。この土地の水と気候風土を知り抜いている本坊酒造はあえて、温暖湿潤な鹿児島の気候から生まれる新しいタイプのウイスキー造りに取り組んでいます。

生産した原酒は3年以上熟成させ、主にシングルモルトウィスキーになるそうで、どんな味か楽しみです。ここでは工場見学もできて、隣には本坊家の旧邸宅を改築して作られた趣のあるカフェバー&ショップ「寶常」(ほうじょう)もあり、ウイスキーの試飲もできます。

The sake made in Kagoshima is a type of shochu. Visitors can join factory tours to watch the production process. The Honbo Shuzo brewery has been in Kagoshima for over 100 years since it first started making shochu using sweet potatoes. Recently Honbu Shuzo’s local Mars Tsukusu distillery has become popular.

It is the country’s southernmost whiskey distillery, and is located in Kasueda Tsuzuki in Satsuma City. Speaking of whiskey, it has the image of “sake made in a cold area,” but Honbo Shuzo knows the local water and climate so well that it has been able to make a unique kind of whiskey using the warm and humid climate of Kagoshima.

Here you can also visit the factory, which is next to an old specially renovated private house in which there is also a quaint café bar and shop called Robust (hojo), where you can taste the whiskey.

鹿児島弁に癒される

鹿児島出身というと「お酒強そう」とよく言われるくらい、酒豪が多いイメージの鹿児島ですが、その通りかもしれません。私は友人の家に遊びにった際にはお茶代わりに、湯のみ茶碗に焼酎がでてきたこともあります。その場面をかごんまべん(鹿児島弁)再現してみました。

If someone comes from Kagoshima, you might imagine that they are a heavy drinker, and in many cases you would be correct! When I used to go to my friend's house, she sometimes served me shochu (not tea!) in a teacup. Below is a reproduction of the scene in Kagoshima dialect.

鹿児島弁 トーク再現

f:id:yitengren:20170509143551p:plainあ~、Aちゃん。さしかぶいじゃったな。(あら、Aちゃん。ひさしぶりね。)

f:id:yitengren:20170509143625p:plainおばちゃん、ごぶれさあ。もう、びんてきた。(おばちゃん、ひさしぶり。もう、頭にきた。)

f:id:yitengren:20170509143551p:plainどげんした?何、はらけちょっと?(どうしたの?何、怒ってるの?)

f:id:yitengren:20170509143625p:plain途中でわっぜへが降って、頭がやんかぶっちょい。(途中で沢山灰が降ってきて、頭がぼさぼさになっちゃった。)

f:id:yitengren:20170509143551p:plainんだもしたん。だいじょっね?こいでも飲んでゆっくいして。(あらあら。大丈夫?これでも飲んでゆっくりしてね。)

f:id:yitengren:20170509143625p:plainうわっ!こい、しょつだがね。(うわっ!これ、焼酎じゃない。)

f:id:yitengren:20170509143551p:plainじゃっどじゃっど。のんたかったでしょ?(そうそう。飲みたかったでしょ?)

f:id:yitengren:20170509143625p:plainうん。うんまかよ。あいがと。もう髪もいけんでんよくなってきた!(うん。美味しいよ。ありがとうもう髪もどうでもよくなってきた!

英語で言うと・・

Me (A) and my friend's mother (B)

B: Oh, A-chan, I have not seen you for a long time.
A: No, we haven’t seen each other for a long time, have we? But I’m really mad now!

B: What's wrong? What are you mad at?
A: On the way, a lot of ash fell on my head, and my hair looks awful. It’s embarrassing.

B: Oh no ... Are you OK? Take your time and drink this.
A: Wow! This is shochu, isn’t it?

B: Yeah, of course. You wanted a drink, didn’t you?
A: Yeah, it's delicious. Thank you. I don’t care about my hair anymore.

鹿児島地元民に癒される

かごっまふるさと屋台村

f:id:yitengren:20170509144532j:plain

写真提供:鹿児島グルメ都市企画

鹿児島弁に触れたところで実際に鹿児島県民と生で話してみませんか。でもどうやって?実は、鹿児島県民と話すなら、地元民にも大人気の「かごっまふるさと屋台村」が一番なのです。ここは鹿児島にったら100%訪れるべき場所です。

鹿児島はお肉も美味しいし、お魚も美味しいし、お酒も美味しい。美味しいものだらけで困りますが、ここに来たら一挙解決。25軒の個性あふれる屋台と1軒の焼酎専門店が軒を連ねています。

1軒に10席足らずの小さな屋台なので、店員さんはもちろん、肩を並べた隣のお客さんとも自然と会話ができます。数軒はしごして、鹿児島の色々な味を楽しみながら地元の人とおしゃべりしてみるのもオススメです。

Now you've read a conversation in the Kagoshima dialect, I'm sure you'd like to talk some Kagoshima citizens. The best place to go would be Kagotama Furusato Food Village, which is very popular among the locals.

It has 25 unique, small restaurants and one specialty shochu shop. Because these intimate restaurants only seat fewer than 10 customers, you can talk with your neighbors, as well as the clerks.

It is also recommended that you go bar-hopping so that you can not only chat with the locals but also sample the many tastes and flavors of Kagoshima.

自然と宇宙を体感する

種子島宇宙芸術祭2017

f:id:yitengren:20170509145307j:plain

写真提供:種子島宇宙芸術祭事務局

種子島には日本唯一のロケット発射基地があります。日本で一番宇宙に近い島、種子島では2017年夏に「種子島宇宙芸術祭」が開催されます。

夏から秋にかけて開催予定で、期間中は種子島の全島のあちこちでアート作品が展示されます。また、洞窟でのスーパープラネタリウムや真夜中のカフェイベント、トークイベント、ワークショップなどさまざまなアートプロジェクトやイベントが催される予定です。

Tanegashima boasts Japan's only rocket launch base and it’s called “the closest island in the universe” in Japan. “Tanegashima Space Art Festival" will be held here in summer, 2017.

It is scheduled from summer to autumn, and artworks will be exhibited around the whole island during that period. Also, various art projects and events are scheduled to take place, including a super planetarium in a cave, a midnight cafe event, talks, and workshops.

鹿児島のパワースポット

射楯兵主神社(釜蓋神社)

f:id:yitengren:20170509150028j:plain

写真提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

射楯兵主神社(いたてつわものぬしじんじゃ)は、別名の「釜蓋神社」(かまふたじんじゃ)なでしこジャパンなど有名スポーツ選手も参拝することで人気のパワースポットです。

参拝の仕方が独特で、釜の蓋を頭にのせ、鳥居から拝殿まで落とさずにくことができれば願いが叶うとされています。海岸沿いにあるこの神社は周りが海なので、風が強い日も多く落とさずにゴールできるのは至難の業。

でも、落としても何度でもやり直しができます。皆さんもゲーム感覚でチャレンジしてみてくださいね。

The shield soldier shrine has enjoyed recent popularity in Kagoshima.

Also known as the Kamafuta Shrine (Kamafuda Shinka), it is said that your wishes will come true if you follow the peculiar ritual of putting a pot lid on your head, and go from the shrine’s gate (torii) to the Worship Hall without dropping it.

This shrine by the coast is surrounded by the sea, so it is difficult to achieve the goal without dropping the lid on many of the windy days the area has. But even if you do drop it, you can try again and again. Even if you don’t succeed, it’s good fun to try.

桜島をのんびりと愛でる

仙巌園(磯庭園)

f:id:yitengren:20170509150220j:plain

写真提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

観光名所として人気の仙巌園(磯庭園)。「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録された施設です。ここは歴史、文化、自然など様々な見どころが点在している、鹿児島の象徴的ともいえる場所。

この仙巌園に隣接する有形文化財「旧芹ケ野島津家金山鉱業事業所」をリノベーションして、2017年3月29日にスターバックスコーヒーができたと最近地元で話題になっています。

お店はゆったりとした空間と薩摩切子を用いたデザインでコーヒーと一緒に、薩摩の歴史を感じながら、桜島の絶景を堪能できます。

Sengan-en (Iso Garden) and its facilities are registered as a UNESCO world heritage site and are a popular tourist attraction showing “Meiji Japan's Industrial Revolution Heritage".

It is a symbolic place in Kagoshima, where various aspects of local history, culture and nature come together. A Starbucks coffee restaurant was opened on March 29, 2017 in the renovated tangible cultural property “Old Sekike Nojima Tsuya Kanayama mining business office," adjacent to Senshin Garden.

The shop is spacious and the Satsuma kiriko cut glass design along the walls together with the coffee allows visitors to relax and enjoy the spectacular view of Sakurajima, while feeling the history of Satsuma.

f:id:yitengren:20170509150350j:plain

写真は両棒餅(じゃんぼもち)

さらに桜島を近くで見れる、ちょっと地元っぽい楽しみ方をご紹介します。仙巌園を観光した後に仙巌園ほど近くにあるお店で、鹿児島で古くから親しまれている郷土菓子「両棒餅」(じゃんぼもち)をテイクアウト。

仙巌園から歩いて約300メートルの所に磯海水浴場のビーチがあるので、そこで海を一望しながら、桜島をのんびりと眺めるのもオススメですよ。

If you want ot get a closer look at Sakurajima, another thing the locals like to do after sightseeing in Sengan-en is to pick up some jumbo mochi from a local shop – jumbo mochi is a kind of rice cake that has been associated with Kagoshima for a long time.

Then you can walk the 300 meters from Sengan-en to the sandy Isokaisuiyokujo beach,and have a leisurely look across the ocean to Sakurajima.

OMOTENASHI フレーズ

鹿児島でのおもてなしに使えるフレーズを、いくつかピックアップ。英語紹介するときにぜひご活用ください。

The drive-on ferry to Sakurajima takes 15 minutes. You can also go on foot.

車に乗ったままフェリーで15分くらいで桜島にけます。もちろん車なしでも船に乗れますよ。

If you want to eat ramen noodles, in pork broth soup, a recommended restaurant is Tontoro. The local people love it there, too.

豚骨ラーメンが食べたければ、ぜひ「豚とろ」にってみてください。地元の人も大好きです。

If you want some souvenirs of your trip, I recommend a sweet cake called kasutadon, or sweet potato delicacies, appropriately named “Lovely.”
お土産をお探しなら、甘いケーキの「かすたどん」かスイートポテトの「ラブリー」がオススメですよ。

鹿児島の壮大なラブストーリーに癒される

西郷どん

www6.nhk.or.jp

2018年大河ドラマは「西郷どん」(せごどん)。先日、新キャストが発されました。

個人的には篤姫役、北川景子さんに注目しています!原作は林真理子さん、脚本は中園ミホさん島津斉彬との師弟愛や家族愛、男女の愛、ボーイズラブまで、沢山のラブストーリーが散りばめられているそうで、かなり斬新な西郷どんになりそうです。

このドラマを観て鹿児島に興味を持ったら、ぜひ鹿児島へ癒しの旅におじゃったもんせ(いらっしゃいませ)!

In 2018, NHK’s long-running historical drama series Taiga Drama will be “Sego Don." Sego Don was an important Kagoshima samurai born in the Edo era.

The new cast will have Keiko Kitagawain the Atsuhime role! The original story was written by Mariko Hayashi, and adapted for TV by screenwriter Miho Nakano.

As well as a romantic story between a man and woman, the story is also apparently full of unconventional love stories, such as those bewtween a teacher and student, forbidden love within a family, and love between boys This will surely be a novel “Sego Don.”

If the drama gets you interested in Kagoshima, why not come and enjoy a healing trip to this wonderful area?

いかがでしたか?次回の「アルクの勝手にお国自慢」は、群馬県バージョンをお届けします!

 

f:id:yitengren:20170509153720p:plain

文:伊藤忍(コンテンツ企画開発編集部)
はいつも有名スポットより、食い気と癒やしが勝ってしまいます。