読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

中高生の留学準備:スムーズな進学にベストな留学時期は?

長期留学では、すべての科目を英語で学び、単位取得することが必要。日本にいる時よりも勉強のペースが落ちることが多いため、成績が伸び悩んだり留年のリスクが生じたりもします。また、大学への進学にも大きく影響しますので、留学時期については戦略的に考えることが大切です。今回は、留学時期準備方法について、アルク留学センターに寄せられたご相談をもとに考えてみます。(アルク留学センター + GOTCHA! 編集部)

Q1 義務教育の中学校は日本で卒業したい!

f:id:izudondon:20170517135824p:plain

中学は日本で卒業したいのですが、高校からの留学で、海外の高校を卒業するのは難しいですか?

長期留学は中学からの方がスムーズ

実は長期留学の件数としては、高校よりも中学生の方が多いんです。なぜなら、高校に入ると学習の難易度がぐっと上がり、英語が苦手な日本人は授業についていくのが大変。英語以外の学力が伸びず、単位不足で留年してしまうリスクが高いのです。

中学生のうちなら勉強のレベルも高校ほど難しくなく、入学時に求められる英語力の要件も高校に比べると緩やかです。高校卒業後の進学に向けて力を付けていく時間をしっかりと取ることもできるので、海外での卒業を目指す方の多くが、中学の時期からのスタートを選ばれます。

高校からの留学では、選択肢が狭まることも

それでも、どうしても高校からというのであれば、「どこで卒業するか」で状況は変わってきます。留学先で卒業するとなると前述の理由から、学年を1つ落として入学する必要が出てきたり、留年のリスクが高まったり、留学を受け入れてくれる国や学校が限定されてしまうのが実状。

一方最近は日本の高校も、留学先での履修を単位として認定してくれる学校が増えてきました。日本の高校に入学してその間(多くの場合、高1〜高2)に1年間留学し、戻ってきてから日本の高校を卒業するというケースも増えています。

英語の勉強は、サマースクールなど活用して計画的に

いずれにしても、英語力が十分に満たないと判断されれば入学の許可すらおりない学校も多く、選択肢は中学校よりも限られます。もし「高校で留学を」と考えるのであれば、中学の間から、学校での勉強以外に、現地で通じる英語力を計画的に鍛えておくことをおすすめします。

また、長期留学く子どもは、多少なりともホームシックやストレス過多に陥りがち。サマースクールなどの短期留学を利用して海外体験をしておくと、長期留学の際にも余裕を持って向き合うことができるでしょう。

Q2 帰国子女の大学受験は受かりやすいって、本当ですか?

f:id:izudondon:20170517135852j:plain

帰国子女としての大学受験が有利だと聞きました。留学でも資格は得られますか?

志望校の出願資格を確認。大学・学部により異なります

帰国生入試を受験する際の出願資格は、各大学・学部がそれぞれ方針によって定めています。したがってまずは自分のきたい大学、および学部に関する情報を前もって確認することが重要です。

例えば、出願資格の一環として、海外の高校に最終学年を含め2年以上継続して在籍したこととする場合が多くなっていますが、中には3年以上継続在籍を条件としている大学もあります。

また留学の理由に関して、保護者の赴任に伴う出国に限る(単身留学生は不可)としている大学もあれば、海外への出国理由を何も問わない大学(単身留学可)もあります。

まず、志望大学の出願条件をしっかり調べてみてください。

一般入試よりも倍率が高くなる大学も

さて、そうしてがんばって取得した「帰国生枠」ですが、近年は必ずしも「受かりやすい」とはいえないようです。一般入試に比べれば科目が少なく、楽に見えるかもしれません。しかし、近年では帰国生枠での受験者が増えたため、有名大学では、倍率だけなら一般入試より高いことも珍しくありません。

留学先での成績も大事です

大学受験は英語力だけでなく、留学先の学校の成績でも判断されるので、「海外にさえけば帰国生枠が取れて楽に受験ができる」というわけではないのです。

もちろん、海外でしっかりと学んで卒業し、日本の大学に入りたいという人には、帰国生枠はおすすめですが、大学を楽に受けるためだとしたら賢明とはいえません。なお、医療系の大学は帰国生枠があるところが少なく、一般入試で受験せざるを得ないのが実状です。

Q3 受験に失敗した娘が「いっそ日本を出たい」と。どうすれば?

f:id:izudondon:20170517135910j:plain

高校受験に失敗した娘が、海外の高校にきたいと言いだしました。く気は満々のようですが、そんなに甘いものではないのでは?と心配です。

海外の高校で卒業資格を取るのは大変です

高等学校卒業程度認定試験(旧大検)という制度もあり、高校にかずに大学を目指す人も増えています。また、翌年、希望の高校を受け直すこともできるでしょう。しかし、あえてそれをせず、日本を飛び出して海外でがんばりたいという意欲があるのなら、海外留学選択肢のひとつかもしれません。

ただ、これまで紹介したように、海外の高校で卒業資格を得るのは、日本で高校を卒業するのよりも何倍も大変です。決して楽な道ではありませんが、“く気満々”の気持ちを“努力する覚悟”に変えて挑戦することができれば、後ろ向きな気持ちのまま日本で過ごすよりも、将来に繋がる、前向きな結果が得られるかもしれません。

半年間の準備で高校に入学し、帰国生入試で大学受験に成功した

高校からの留学は、ハードルが高いのは事実ですが、十分な覚悟があるなら、方法がないわけではありません。

アルク留学センターで留学先をご紹介したとして、中学の卒業後から夏まで必死に英語の勉強に取り組み、9月始まりの高校に入学を許可された生徒さんがいます。中学時代にサマースクールを経験していて英語が得意だったこと、短期間効果的に英語力を高められたこと、そして、希望するレベルの高校に運良く空きがあったことなど、本人の努力にラッキーが重なっての実現です。結果、同級生に半年遅れで卒業し、先日は帰国生枠で日本の大学に合格したそうです。

今の英語レベルと希望の進路から、しっかり計画しましょう

もちろん留学は、英語力や学力などのさまざまな要素に影響されるため、すべてのケースがこののように上手く進むとは限りません。いずれにせよ、個々のお子様に合った無理のない留学プランを立てることが大切です。

留学を意識したことがない人が準備から始める場合、その時点での英語レベルで「いつから留学すべきか」がはっきりします。そして何よりも、本人にどのような目的があり、覚悟がどれだけできているのか。そうしたことから具体的な留学の形が明らかになってきます。まずはその辺りを娘さんとお話しされてみてはいかがでしょうか。

お子様の本気度を測るという意味では、ご家庭での話し合いはもちろんのこと、留学エージェントの無料カウンセリングを利用してもよいでしょう。留学相談は、留学くと決意した人ばかりが利用するものではありません。留学の現実を第三者であるカウンセラーからお子様に伝えてもらうことにより、お子様ご自身が、より真剣に留学と向き合うきっかけを持つことができます。

思いついたらすぐに相談

いかがでしたか? スムーズに留学実現し、効果を高め、その後希望する進路に突き進んでいくためには、早めに計画を立てて準備対応することが大切です。

留学は3〜4年後かな…」などと漠然とお考えの方も、思いついたらすぐにでも情報集めやご相談に動かれることをおすすめします。

 

アルク留学センターのこちらの記事も好評です。ぜひご覧ください!

gotcha.alc.co.jp

gotcha.alc.co.jp

gotcha.alc.co.jp

gotcha.alc.co.jp