GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

TOEIC満点講師が本音で語る!自分が変わる英語学習のコツ

kinokuniya_kouen

正しい勉強法とマインドセットがわかっていれば、日本国内でも英語は習得できる! 留学経験なしでTOEIC満点を取得された西田大(にしだ まさる)先生による講演会が開催されました。ゲストは、こちらも国内組にしてTOEIC満点講師のハマーさんこと濵﨑潤之輔先生です。講演は、3月発売の西田先生の新刊『英語力はメンタルで決まる』の内容にそって進参加者の皆さんからの質問にもお答えしました。今すぐにでも取り入れられる、英語学習のコツが満載です!

協力紀伊國屋書店新宿本店

西田大

西田大(にしだ・まさる)
1973年生まれ。関西大学文学部英文学科卒業。現在、静岡県立静岡城北高校教諭。 TOEIC990点、英検1級、通訳案内士のいわゆる「英語資格三冠」を持つ。大学入 試やTOEIC、英検などの試験対策から社会人の英語学習のコツまで、幅広い知見と 経験から導き出された英語学習法に定評がある。趣味は体を鍛えることと、サッ カー観戦。共著に『TOEICテストに必要な文法・単語・熟語が同時に身につく本』(かんき出版)。

濵﨑潤之輔

濵﨑潤之輔(はまさき・じゅんのすけ)
「HUMMER」の名で知られる、TOEIC界のカリスマ講師。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。大学や企業でTOEICテスト対策研修講師を務める。これまでにTOEIC990点を50回以上獲得。TOEICテスト対策合宿・セミナーなど積極的にっている。著書に『マンガで攻略! はじめてのTOEIC(R)テスト全パート対策』(西東社)、『中学3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)など多数。ヒロ前田氏とのTOEIC対策セミナー動画「SOUL」の詳細こちら

話題の新刊!
英語力はメンタルで決まる

英語力はメンタルで決まる

 

留学経験なしでもOK!英語で困る日本人を減らしたい

濵﨑潤之輔今回出版された『英語力はメンタルで決まる』は、どういう動機で書かれたんですか?

西田大まず、私は留学経験なしで英語を勉強してきました。この経験は、社会人の方の英語学習に役立つんじゃないかなと思っています。仕事が忙しい中で、留学するのはなかなか難しいですしね。濱さんも、留学してないですよね?

濵﨑潤之輔僕も西田さんも海外経験がないまま、ここまでやってきたというところが共通点ですよね。

西田大そうですね。そして10年ぐらい前から、私のまわりで英語で困っている人が増えてきたんですよ。それが、以前質問であれば「西田、どうやったら英語力って身につくの?」とか「俺も英語話せるようになりたいねん」という質問だったのが、次第に「TOEICで730点とるには、どんな本が良い?」とか「take part inってTOEIC800点に必要?」とか実践的な質問に変わってきて。

濵﨑潤之輔具体的な質問になってきたんですね。

西田大質問内容自体に切迫感がありますよね。

そんな中、3年前に職場でイギリス留学をさせてもらったんです。海外にったことによって、日本人の良さを実感しました。イギリスでは、最初すごく不便なところに住んでいたので、自転車を買ったんです。この話、濱崎さん知ってますよね?

濵﨑潤之輔僕、西田さんのFacebook見てて……。なんかイギリスにって早速自転車盗まれたとか(笑)。

西田大新しい自転車を買って、チェーンして、ダブルロックして。模範的な防犯じゃないですか。ところが大学に自転車を置いて帰って、次の日ったら無いんですよ。とりあえず警備員さんに「盗られたんです」っていう話をしたら、なぐさめられるどころか「当たり前やん、なんでそんな切れるチェーンすんねん」って。普通チェーンって切れないもんでしょう。「なんでこんな思いしなきゃあかんの?」って思いました。

ほかにもありますよ。終電間近の電車で帰っていた時に、電車が止まって、なかなか進まなくて。止まって10分ぐらい経ってから「この電車は止まります」と。その理由が “The driver Mr.〇〇 didn’t show up” って!

日本人だったら、誰か代わりの人を探したりするじゃないですか。イギリスでそんな思いばかりしていたときに、思ったんです。「日本にいる日本人は、英語が喋れなくて困ってる。でも日本人って、すごい良いやん!」って。そんな日本人がなぜ英語で困らなきゃいけないのかなと思って、何かできることをしたいなって。

濵﨑潤之輔たしか2カ月ぐらいの留学でしたよね? 2カ月でそんなにいろいろ嫌なことが......。

西田大本当に。それから英語の雑誌とかWebサイトにコラムを載せてもらえるようになって。読者の方や関係者の方に恵まれて。今回『英語力はメンタルで決まる』という本を執筆させてもらうに至りました。

こんな本はダメ!注意すべき学習本とは?

濵﨑潤之輔英語力はメンタルで決まる』に書いてあるように、英語力アップには強いメンタルと正しい学習法が必要だと思います。具体的には、どういう方法で勉強すべきですかね?

西田大この本の前書きにも書いてるんですけれども、英語学習者の方は誰でも「しっかり学ぼう」って考えているはずだから、メンタルはあるのかもしれません。でも一方で、学習法が間違っていることもあって。例えば、実践したらダメな学習本が売れているじゃないですかっ……て、書店さんで話す内容じゃないんですけど(笑)。

(編集部注:この講演会は紀伊國屋書店新宿本店にて開催されました)

まぁ、あの、本書でも「本の選び方」ってところでサラっと触れているんですけど、「〇〇さん推薦」「××氏絶賛」みたいに書かれている本は注意ですね。僕、実際に超有名なある方に「あの本、推薦されてましたね?」って聞いたら、その方はその本の存在すら知らなかったことがあるんですよ。

濵﨑潤之輔(司会者に)この話、続けて大丈夫ですか? 危なくなったら僕、止めますんで(笑)。

西田大英語学習者のやる気を阻害する環境が、今の日本に雰囲気としてあると思うんですよ。例えば「暗記のいらない~」っていうのが流っていたり。でも、英語って暗記しないと、しゃべれないんですよ。

濵﨑潤之輔僕も暗記派です。そもそも英語の学習を始めたときって大学受験が多いと思うんですけど、大学受験の英語って最初単語をやりますよね。単語って全部暗記ですし。

西田大だけど「暗記のいらない~」って本が、あっち(売り場)にいっぱい並んでますよね?

濵﨑潤之輔う、う~ん……(笑)。

西田大濱崎先生も言うとおり、やっぱり暗記は必要だと思うんです。「暗記よりもまず慣れろ」的な学習法が推奨されているのって、日本ぐらいなんですよ。これ、びっくりしたんですけど、韓国とかインドって全部丸暗記するんですよね。だからインド人ってあれだけ英語を喋れるんじゃないかなって思ってます。たぶん英語学習を始めたときって「暗記頑張るぞ」って思っているんですよね。でもその「暗記頑張るぞ」って思っている学習者の足を、日本の学習環境が引っ張っているというか。

濵﨑潤之輔本来やらなきゃいけない「暗記」という勉強法へのやる気が、阻害される状況があって、それを乗り越えなきゃ英語力がアップしないということですね。

西田大はい。そもそも学習法の幹の部分を大事にすべきだと思うんです。日本の学習書って幹の部分じゃなくて枝葉の部分を書いているものが多い気がします。やっぱりまず学習するにあたっては、基礎とか基本を徹底していく。枝葉だけやって短期間英語力が身につくといったような奇跡は、起きないんですから!

濵﨑潤之輔確かに(笑)。

西田大そこを大切にしないといけないんだけども、それだと読者の方を惹きつけられないから、画期的な、一発逆転的な学習法になる。そういう本は、避けるべきだと思います。

とにかく試験を受けまくる!いつでもテスト直前の状態

濵﨑潤之輔TOEICに関しては、メンタル面に注目すると、どういうことに気を付けていけば良いですか?

西田大本書の内容とかぶりますけど、常に「テスト前」という状態をつくるのがすごく大事です。テストを受けずに「なんだか最近英語が喋れるようになった~」とか「なんかすごい聞けるようになってきた~」っていうのは、慣れてきただけで気のせいかもしれないじゃないですか。やっぱり大事なのは、テストをできるだけたくさん受けること。そのためには、TOEICがベストだと思うんです。

濵﨑潤之輔僕、今回の前にも西田さんと対談 をして、その記事をアルクさんのサイトに載っけてもらってるんですけど、西田さんに「試験何回ぐらい受けたら良いんですか?」って聞いたんですよね。その答えにびっくりしました。

西田大本書でも書いたように、年に10回受けるのがベストだと思ってます。

濵﨑潤之輔TOEICって、1年に10回しかないじゃないですか!

西田大そうすることで、テスト1カ月前の状態が1年間ずっと続くんですよ。テスト前のプレッシャーを感じるっていうのは、とても大事なことです。濱崎さんはどれぐらい受けられているんですか?

濵﨑潤之輔僕もここ6~7年は全部受けてますけどね。IPテストも年に4~5回。でもそれはTOEIC英語を仕事にしているからなので、一般の学習者の方々は10回受けなくても良いんじゃ……?

西田大まぁ、「できるだけ多く」っていうのが大切ですよね!

いつ勉強するのがベスト?先生たちはどうしてる?

濵﨑潤之輔「どういうタイミングで勉強するか」についてですが、やっぱり朝が良いですか?

西田大自分は毎朝90分間、朝学習することにしてるんですよ。もう7~8年は続いていると思うんですけど。学生さんでも社会人でも、一番元気な時に学習するのが良いと思います。一番元気なときっていうのは、ほとんどの人にとって朝じゃないかなと思うんです。

濵﨑潤之輔それは間違いないです。吸収力が夜とは全然違いますもんね。

西田大朝学習をこれから始めるなら、まずは2週間続けてもらえれば「朝の脳の回転の速さ」が体感できると思います。始めて1週間ぐらいは眠たさもあったりして、なかなか体感できないかもしれません。でも2~3週間目ぐらいから、脳の回転が全然変わってきて。それを体感したら「朝学習続けよう」っていう気持ちになります。続けていくと「やらないと何か忘れている感じになる」という状態になるので、とにかく2週間続けようと思ってもらえれば。

濵﨑潤之輔なるほど。僕もサラリーマン時代は、僕の知り合いで「いつも3時に起きてます」って人がいたので、それをマネしてみたんですよ。朝3時に起きて、2時間ぐらい勉強して、会社に7時半ごろって、また勉強して。でも3時起きだと、午後は使い物にならないですね。

西田大3時起きは、キツいですね(笑)。

濵﨑潤之輔それで3時起きはやめたんですけど、その後は7時半に会社にって、仕事が始まる9時までの1時間半で模試を解いたりして。それとお昼の1時間も勉強してました。リスニングセクションって45分だからリスニングやって丸付けやって50分。10分でご飯食べればOKみたいな。朝学習ってほどではないかもしれないけど、なるべく1日のうちの早い時間に終わらせるのが良いですよね。

三日坊主にならないコツは?モチベーション維持の秘訣

西田大英語学習を続けるためのコツなんですけど、翌朝やることを寝る前に具体的に決めておくのが良いと思います。本書の中にもありますが「明日の朝はTOEICのPart3」とかじゃなくて、「明日の朝は、TOEICのこの本のPart3の60~70ページを音読する」とか。

濵﨑潤之輔本当にそうですよね。僕もエクセルのに日付、曜日、あと例えばTOEICなら次の公開テストまでのカウントダウン、問題集の名前などを書いていて。やったら「OK」って打ち込んで色で塗りつぶしていく。それはもう7~8年やってます。具体的にやるものを決めて、それを消化したという事実がすごく大事ですよね。あと人によっては勉強時間を記録していたり。見える形で残すっていうのが続けるコツですよね。

西田大僕は5年ぐらい前から、学習時間の記録を始めたんです。そしたら、これ、もうやめられないです。月間で勉強時間の集計を出すんですけど、その集計を見ると嬉しくなっちゃって! 月末の3日前ぐらいになったら「あと3日で〇時間やったら、100時間になる!」みたいなトキメキがあるんですよ。

濵﨑潤之輔トキメキ(笑)。確かに数値化することで、モチベーションが維持できますよね!

スコアアップのためには、1点に一喜一憂せよ!

西田大みなさん「体重計に乗るだけダイエット」ってご存知ですか? アレって、すごい良いなって思うんですよ。毎日体重計に乗って、自分の体重を記録するっていう。昔、流したんですけど、その方法が成功する理由は、0.1kg単位の増減に一喜一憂するからだと思うんですよね。その理論を英語学習に取り入れるべきだと思うんです。

濵﨑潤之輔なるほど、スコア1点の増減に一喜一憂してくださいってことですね。

よく聞くのは「スコアが上がっても一喜一憂せずに、普段通り勉強をしていた方が良い」っていう考え方ですよね。だから僕、この本読んで西田先生すごいなって思ったんです。

西田大勉強が好きな人なら、一喜一憂しなくても良いんですけどね。

濵﨑潤之輔そうなんですよ。その考え方だと目標スコアを達成しても「ふーん」って感じなのかな、っていう。僕も、今でも一喜一憂するんです。「今回はミスってないから満点だろうな」って思ってても、結果を見る時は「ふぅ~……(緊張)」ってなりますもん。

西田大参加者に)濱崎さんは50回以上、990点とってるんですよ!50回以上

濵﨑潤之輔でも今でも、やっぱり緊張しますよね。満点とったら、ガッツポーズとかもしますよ(笑)。

講師2人が本音で答える質問タイム!継続や時間配分のコツとは?

Q.朝学習について、仕事で疲れたときも続けるためのコツを教えてください。

西田大朝学習、毎日続けてるって言ったんですけど、365日の中で10~15日ぐらいはやらない日もあります。ただすごく罪悪感があるので、絶対に昼か夜には勉強して取り戻しますね。

濵﨑潤之輔僕の場合は、1日のノルマをすごくゆるくしてたんですよ。単語だったら10個とか。真剣にやったら1日1時間かからないような勉強量を、1日のノルマにしてました。あと週7日全部やるっていう風にはしてないです。これ、実は西田さんから「甘いな」って言われたんですけど。

週7日のうち5日しか勉強しないって決めて、やれる日に先取りして。そうすれば何もできない日は「それでもOK」ってなるので、罪悪感ないです。僕は1日当たりの勉強量をゆるくしてあげるのが、続けるコツかなと思います。どっちでも、好きなやり方で。勉強法はそれぞれ違うので、自分にできそうなところを取り入れていくのが良いと思います。

Q.TOEICの試験時間が足りません。時間配分のコツを教えてください。

濵﨑潤之輔900点前後の人でも間に合ってない人がほとんどだと思います。僕も5分ぐらいしか余らないことがあります。それを間に合うレベルまでに引き上げるためには、パッケージとして演習すること。パートごとにまとめて演習するとか、そういうことです。1問何分とかじゃなくて。ベストは75分連続で100問解くことですが、できなければパートごとにかたまりで解く。これはオススメというか、しなきゃいけない方法だと思いますね。

西田大自分も普通に解いたら時間は足りません。急いで解くことでなんとか読み切れている状態です。少しでも間に合わせようとすることが大事です。そのためには、濱崎さんが言ったようなトレーニングを続けていくことだと思います。

Q.英語嫌いの方が英語学習をするとしたら、どういうメッセージを送りますか?

西田大実はこの本を書くにあたって、英語が嫌いな人にすごくイヤなイメージをもたれてしまうんじゃないかと心配しました。ただこれを書いた後に、マイナスな声をもらうことがほとんどなかったんです。「すごく良かった」っていう声をたくさん頂いて。これを読んでくれた人に、本当に英語力を伸ばしてもらいたいと思って書いたので、願わくは英語が好きでない方にも読んでもらえればと思っています。結構厳しい内容も含んでいるとは思いますが……。英語が嫌いな人にも、好きな人にも、伝えたいメッセージは変わりません。

まとめ

正しい勉強方法効果的に実践するポイントや、継続するためのコツなどすぐにでも役立つ内容でしたね。本気で「英語学習者をサポートをしたい!」と思っているお二人だからこそできる熱い対談でした。

学習法やマインドセットについてさらにくわしく知りたい方には、書籍『英語はメンタルで決まる』がおすすめ。英語学習とあなた自身を大きく変えてくれる1冊です。

英語力はメンタルで決まる

英語力はメンタルで決まる

 
こちらもおすすめ!

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOU から生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。