GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

【埼玉いいトコご案内】見所&地元紹介英語をさいたまっ子がお届けします!

f:id:alc_gotcha:20170321133358j:plain

アルクが日本各地の魅力を日本語英語で発信する連載、「アルクの勝手にお国自慢」。第2回は埼玉県です。海外からの「大人」のゲストをぜひお連れしたいさいたま市の見所と、ご当地ならではの英会話フレーズをご紹介します。ぜひご覧ください!

1. さいたま市の注目観光スポット

大宮公園の北には…

埼玉県内のとある小さな市に生まれ育ち、小学1年生の遠足では大宮公園を訪問。小動物と触れ合った後、なぜかしかめ面で写った記念写真が今でも記憶に残っています。しかし、その時には、まったく気づいておりませんでした。そのすぐ近くに世界から注目を集める観光スポットがあるとは!

f:id:alc_gotcha:20170321133425j:plain

大宮盆栽村

“盆栽の聖地”、大宮盆栽村(さいたま市北区盆栽町)。JR大宮駅からひと駅、JR登呂駅と東部野田線大宮公園駅に挟まれた一帯に、6つの盆栽園や大宮盆栽美術館が集まり、世界から盆栽愛好家が訪れています。美しい盆栽たちを静かな環境で堪能できる大宮盆栽村は、外国からの「大人」のゲストを案内するのに、お薦めのスポットなのです。

f:id:alc_gotcha:20170321133445j:plain

盆栽村の中にある盆栽四季の家。一般開放しています。 写真:盆栽ネットワーク・ジャパン

4月12日放送予定のEテレ「オイコノミヤ」の収録で又吉さんも訪れたそうですよ。

www.stib.jp

英語で「盆栽」を説明すると?

Bonsai is the Japanese art of appreciating miniature potted plants. You plant a young tree and trim it as if it were a regular tree but keep it contained in a small pot.
(盆栽は、ミニチュアの樹木を観賞する日本の芸術です。小さな植木鉢に苗木を育てて、自然の樹木のように整形します。)

盆栽専門家が外国人からよく聞かれる質問って何?

大宮盆栽村で、盆栽の輸出やセミナーを手掛ける盆栽ネットワーク・ジャパンの中水義弘さん(写真)に、外国人からよく聞かれる質問を教えてもらいました。

f:id:alc_gotcha:20170321133928j:plain

写真:阪巻正志

Q. How can we learn bonsai here in Japan?
(日本でどうすれば盆栽を習うことができますか?)

A. You can learn authentic Japanese bonsai at Taisho-en, an international bonsai school in Shizuoka city I set up in 2002 with Mr. Urushibata, a well-known Japanese bonsai master.
(静岡にある苔聖園(たいしょうえん)という学校で、本格的な日本の盆栽について学べます。私が著名な日本の盆栽家である漆畑氏と2002年に設立した学校です。)

Q. How can non-Japanese import Japanese trees into their countries?
(どうすれば、外国人が日本の樹木を輸入できますか?)

A. This is one of my major jobs. I send quite a few live plants to other countries every winter when the trees go dormant.
(それは私が手掛けている主な仕事の一つです。樹木が冬眠する冬の間に、他の国々に生木を数多く送り出しています。)

中水さんはアルクの先輩。起業のため退社し、2000年に現在の会社を設立して以来、100カ国を超える国の人々を相手に、盆栽の普及に力を注いでいます。つい先日もドイツ人バイヤーと千葉、埼玉、香川、福岡の庭木畑を回って商談をまとめてきたそうです!

中水さんの会社は、盆栽美術館の向かいで「盆栽レストラン大宮」も手掛けています。お食事メニューのほか、大学芋にバニラアイスと黒蜜がかかった「盆さいも」など、デザートメニューも充実。レストランでは、お店のオーナーである砂野牧(いさのまき)さんが盆栽教室も開催していて、3月は桜の盆栽を作ります。自分で作った盆栽で、お花見。風流ですね!

盆栽と盆栽道具 販売/通販/輸出の盆栽ネットワーク・ジャパン

盆栽レストラン大宮

第8回世界盆栽大会inさいたま

4月27日(金)~4月30日(日)
世界中の盆栽愛好家が集い、交流を深めるイベントがさいたまスーパーアリーナで開催されます。国内外の一流盆栽家のデモンストレーションを見学できるほか、茶道や友禅染など日本文化体験プログラムも! 最寄り駅は大宮です(JR、東武野田線)。

第8回世界盆栽大会inさいたま

さいたま市立漫画会館

大宮公園駅からほどない所に、「日本の職業漫画家第一号」である北沢楽天の旧宅を用いた「さいたま市立漫画会館」があります。近代漫画を確立した楽天の資料が集められ、一般公開されています。

さいたま市/さいたま市立漫画会館

日本文化のアイコンともいえる漫画の始祖、楽天の人生を描いた映画『漫画誕生』が制作中だそうですよ。主演はイッセー尾形さん。劇場公開は2018年初夏予定

氷川神社

f:id:alc_gotcha:20170321135139j:plain

写真:Nori Norisa

大宮エリアといえば、氷川神社抜きには語れません。2000年以上の歴史をもつといわれ、「大いなる宮居」として、大宮の地名の由来ともなっています。東京・埼玉・神奈川に280ある氷川神社の本社で、初詣参拝者数は毎年全国TOP10に入るほどの人気。200万人を超える参拝者が訪れるそうです。

武蔵一宮 氷川神社

縁結びのご利益がある神社としても有名で、昨年のクリスマスイブには、同僚の女性2人組が参拝してきました。その日の感想を聞くと……「寒かったです!」との一言。きっと春はこれから訪れるはず!

2. お土産

日本酒「大手門」(鈴木酒造)

意外なことに、埼玉県は清酒出荷量が全国4位という、首都圏一の酒どころなんです。人形の街、岩槻にある鈴木酒造の「大手門」は全国の鑑評会で受賞歴もある名酒。併設の資料館では試飲もできるのでぜひご賞味を!

「白鷺宝」(菓匠 花見)

さまざまなお祝い事と共に記憶されているお菓子。白あんをミルクで包んだやさしい味です。海外ゲストに和菓子を体験してもらうのに、一押しです! さいたま市の本店の他、伊勢丹浦和店や日本橋三越でも購入できます。

OMOTENASHI フレーズ

おもてなしの実践でご活用ください!

世界最古の盆栽が見られますよ!

You can see the oldest bonsai tree at the World Bonsai Convention. The juniper is believed to have lived on a mountain for more than 2,000 years before being put into a pot about 70 years ago. Many consider it to be the world oldest bonsai tree.
(世界盆栽大会では、最古の盆栽を見られますよ。その柏槙(びゃくしん)は、2000年以上も山で生育していたと考えられています。約70年前に山から鉢に移されました。この木は世界で最古の盆栽とされています)

お土産を買うなら大宮駅近辺がお薦め

If you would like to do some souvenir shopping, I think the Omiya Station area would be best. There are quite a few department stores as well as Sopia, a store featuring Saitama prefecture products and tourism. Numerous cheap little items can be found at 100 yen shops.
(お土産は大宮駅近くで買うのがいいんじゃないかな。たくさんデパートがあるし、埼玉県の物産や観光情報が集められている「そぴあ」があるから。100円ショップでは、安くてちょっとした物をいっぱい見つけられますよ)

おまけ:ご当地限定スイーツ「大人のプリン」

f:id:alc_gotcha:20170321135426j:plain

さいたま市の南に位置する蕨市。「大人のプリン」は、成人式発祥の地にちなみ、蕨商工会議所がプロデュースし、地元のシェフや料理家、高校生たちが試作を重ねて生まれたそうです。こっくりとして美味しい! コーヒーとの相性バッチリ。

大人のプリン 埼玉県蕨市 - 大人のプリン★埼玉県蕨市ご当地スイーツ

 

そろそろ桜が開花しますね。大宮公園は「さくら名所100選の地」にも認定されているんです。今回ご紹介したスポットと併せて、「大人の遠足」に訪れてみませんか?

次回の「アルクの勝手にお国自慢」は、3月30日(木)に、石川県バージョンをお届けします!

 

gotcha!

取材・文:杉田充子(マガジンアルク編集部)
協力:盆栽ネットワーク・ジャパン