GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

特集はトランプ大統領!ぜひチェックしておきたいVOAのニュース3選

trump

私たちのもとに毎日届けられる、世界各国からのニュース。気になる話題を英語でさらっと理解できたら、カッコイイと思いませんか? そんなとき、ぜひ手に取ってほしいのが、この本、『VOA ニュースフラッシュ 2017年度版』 です。2016年にVOAで放送された英語ニュースの中から、日本人の英語学習に適した素材をキュレーション。ニュースの音源と、それを書き起こしたスクリプトで構成されています。掲載されたニュースの数は、なんと40本(付属CDに収録)。中~上級者が、ニュース英語を使ってリスニング学習するのに最適です!

VOAニュースフラッシュ2017年度版

VOAニュースフラッシュ2017年度版

 

【目次】

そもそもVOAとは?

VOA(Voice of America)とは、米国政府が運営する国営のマルチメディア放送のこと。国際ニュースやレポート番組を、アメリカらしい視点から海外に紹介しています。アメリカだけでなく、世界各地のニュースを網羅しているのが特徴

報道記者が話すわかりやすい英語だけでなく、一般人の砕けた話し方や専門家によるハイレベルな解説など、さまざまな話し手の英語を聞けるのも魅力です。ちょっと言葉に詰まったり、言い直しをしたりと、息継ぎの間や話し方もリアルで、英語学習者にとっては参考になるはず。

本書『VOAニュースフラッシュ2017年度版』でピックアップされたニュースは、国際情勢、経済、社会、健康などなどバラエティに富んでいます。気になる話題をチェックしながら英語を学べるため、英語の教材として、特にリスニング力を鍛えるのにぴったり!

今回は、ぜひチェックしておきたい3つの話題を取り上げます。

【1】特集は、やっぱりトランプ大統領!

2017年版の特集は、本書の紙にもなっているトランプ大統領。大統領候補の段階から話題に事欠かない人物でしたね。

特集では、「米大統領選 まさかの結末」と題して、数ある彼のニュースの中でも特に印象的な5つを取り上げています。

例えば、「共和党からトランプ氏、民主党からクリントン氏が指名されるのではないか」と話題になったときの、トランプ氏のこんな発言。

People are so tired of these politicians as all talk, no action. We are going to make America great again. We’re goanna win, win, win.

 

人々は口先ばかりで動が伴わないこんな政治家たちにうんざりしているんです。われわれは勝って、勝って、勝ちまくります。

トランプ氏の力強い演説が印象的ですね。ニュースのアンカーは次のように、ユニークに表現し、この話題を締めくくっています。

Whether lauded, vilified or mocked, Trump continues to dominate headlines and consume an oversized portion of America’s political oxygen.

 

褒められようと、非難されようと、からかわれようと、トランプ氏は見出しを独占し続け、米国の政治的酸素を過剰に消費し続けています。

さらに、クリントン派とトランプ派、それぞれの支持者の意見紹介されています。

トランプ支持者のひとりは、次のようにトランプ氏の発言を擁護。

Well, I think that things that he says are offensive are things that need to be said, though. In the end, all that matters is that America’s safe, America’s strong and America’s great again.

 

彼が言ったことは攻撃的だと思います。でも言わなければならないことなのです。結局大切なことは、米国が安全で、米国が強くて、米国が再び偉大な国になるということなのです。

さまざまな批判を受けながらも、トランプ氏が当選を果たしたということは、間違いなく彼を支持した層が多数派だったということ。これが、アメリカ市民の正直な思いなのかもしれません。

【2】 世界が震撼!パナマ文書とイギリスのEU離脱

VOAでは、世界の経済やビジネスについての話題ももちろん報道しています。2016年の経済面での話題と言えば、パナマ文書の流出とイギリスのEU離脱でしょう。

① パナマ文書が明らかにしたものとは?

パナマ文書とは、パナマのある法律事務所から流出した租税回避為に関する一連の機密文書のこと。カネと権力を持つ多くの人たちが、パナマのようなタックスヘイブンを使って税金逃れをしていたことが白日にさらされました。
汚職事件など解決取り組む国際的非政府組織トランスペアレンシー・インターナショナルのマギー・マーフィー氏は次のように発言。

What we see is that it’s very easy for people that want to hide their identity to set up secret shell companies in a variety of jurisdictions. Um, that’s essentially to hide their connection to the money.

 

見えてくるのは、身元を隠したい人たちにとって、さまざまな法制区域での秘密のペーパーカンパニーを設立するのが非常に簡単だということです。そして、それは根本的にお金との結び付きを隠すための為です。

VOAでは、アイスランドの首相や、中国の習近平主席の身内など各国の著名人の名前が挙がっていることを報道。世界中を震撼させる出来事となりました。

② 英国のEU離脱の影響は?

政治的にも大きなニュースとなった、イギリスのEU離脱は、世界の主要市場にリーマンショック以上影響を与えました。
アジア市場が急落し、東京では株価が8%近くも下落したところで取引停止に。
経済面での混乱について、VOAの記者は次のように伝えています。

Britain’s pound had its worst fall on record、tumbling to a 31-years low. South Korea held an emergency meeting to limit any fallout from the ballot.

 

英国ポンドは史上最悪の下落となり、31年ぶりの低水準にまで落ち込みました。韓国はこの(英国の国民)投票の影響を抑えるための緊急会議を開きました。

しかし、同時に「短期的な経済の影響は限られている」とする専門家の意見紹介。よい局面と悪い局面を客観的に取り上げています。

【3】 パリ協定を白紙に!? トランプ氏が再登場

本書では、VOAで報道された健康や科学についてのニュースも収録しています。
2016年の話題といえば、ジカ熱と小頭症の関係、ドローンの有効活用、人工知能のワトソンなど。ここでも、トランプ氏が発言した「パリ協定破棄」は特に注目を集めました。
パリ協定とは、2015年に採択された気候変動抑制に関する国際協定。VOAの記者は次のように説明しています。

The Paris agreement seeks to limit global warming to 2 degrees Celsius above pre-industrial levels, largely through reducing emissions of greenhouse gases.

 

パリ協定では、主に温室効果ガスの排出を削減することを通して、地球温暖化による温度の上昇を産業革命以前のレベルよりセ氏2度上昇にとどめようとしています。

さらにトランプ氏の発言に触れ、次のように伝えました。

On the campaign trail, Donald Trump vowed to tear up the deal within 100days of taking office and refocus on U.S. energy independence. A U-turn by Washington could undermine global efforts to reduce emissions.

 

選挙遊説でドナルド・トランプ氏は、就任後100日以内にその協定を破棄することと、米国のエネルギーの自立を誓いました。米国政府が180度方向転換することは、(温室効果ガスの)排出を台無しにすることにもなり得ます。

この問題これからどうなるのか、引き続きトランプ氏の発言からは目が離せません。

また、この記者のコメントを見ると、ひとつひとつの単語は難しくありませんが、文を組み立て方によって複雑な話題にも対応できることがわかります。英語学習者にとっては、とても参考になりますね。

まとめ

いかがでしたか? 今年度はトランプ氏に関する話題が多くなりましたが、『VOAニュースフラッシュ2017年度版』は、世界情勢から身近な健康の話題まで、さまざまなジャンルを網羅しています。気になるニュースがまとめて掲載されているからこそ、興味深く聞くことができますよね。

また、そのボリュームにもご注目。本書とその付属CDだけで、40本ものニュースを聞くことができます。「もっと聞きたい!」という方は、ダウンロード特典を利用すれば、さらに10本分のニュースの音声(スクリプト付き)を入手できるのです。

旬の話題を素材に、生の英語リスニング練習ができるため、まさに一石二鳥!よりリアルな英語を習得したいなら、この本で生の英語を聞きこんでみませんか。

VOAニュースフラッシュ2017年度版

VOAニュースフラッシュ2017年度版

 
こちらもおすすめ!

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。