読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

忙しいったらありゃしない!サラリーマンの大みそか、年度末を英語でディスってみた。

nendomatsu_dis01

3月ですね。年度末ですね。年度末といえばサラリーマンの大みそか。今まで処理したりしなかったりした、あんなことやこんなことが、早くどうにかしないと明るみに出てしまいます。ああ、忙しい。多忙なときこそ英語でディスっちゃおう!

【私、怒ってません。】

nendomatsu_dis02

1年間の締めくくりをしつつ、来期の準備もしなくちゃならない年度末。そりゃ忙しくもなります。まずは落ち着いて。

First, I should set priorities for what to do.

まず、やることの優先順位をつけなきゃ。)

ToDoリストって、作っただけで何か片付いたような気になるから不思議・・・。

そんなときに、「先輩、あのこれ前も聞いたんですけどー」なんて声をかけられると、普段は温厚なひとでもこうなっちゃいます。

You're not a new recruit any more so you should know to do it by now.

(もう新入社員じゃないんだから、いい加減覚えてよ。)

そうそう、もう来月には後輩が入社してくるんですからね。

さて、社歴ウン年目ともなれば年度末の騒ぎも慣れたものですが、今度はカラダが言うことを聞きません。

Working on a computer makes my eyes dry.

(パソコンで目が乾燥する。)

目、肩、腰。ことごとく来ます。

Desk work definitely gives me a stiff neck.

(デスクワークは肩が凝るなあ。)

そう言えば、英語では「肩こり」にあたる表現はなく、「首が痛い」と考えるようですね。でもまあ、「年度末は肩が凝る」のほうがしっくりくる気がしませんか。

やっとひと段落して「さあ帰ろう!」と思ったら、「これも頼むよ」なんて言われたりして。

That’s it. I can’t take working under my lousy boss any more.

(出来ない上司のしわ寄せはもうたくさん!)

 私は怒ってませんよ。怒っていませんとも!

【やっぱり気になる!人事とお給料】

nendomatsu_dis03

年度が替わって組織変更になるのはよくあること。それに伴い、お給料が上がったり、下がったりもよくあることです。自分のことも、ひとのことも気になりますよね。

Our company adopts the annual salary system.

(うちの会社は年俸制だ。)

こうなると落ち着いたもんですね。株式会社アルクも年俸制でございます。

You know what, we'll get a special bonus because our business performance has improved.

(業績上がったから、特別ボーナス出るって!)

そんなのどこの国の話だろう(遠い目)。

こんな時期にランチや飲み会にくと、だいたいこういう話になります。

The basis for the evaluation result is so vague I can't go along with it.

評価根拠が曖昧で、納得がいかないよ。)

そうだ、そうだー!

Seriously, only brown-nosers can move up the ladder.

(つまるところ、出世するのはイエスマンかあ。)

「イエスマン」つまり「ゴマをする人」は “brown-noser” だそうです。なぜそうなるかはちょっと汚すぎるので自主規制いたします。載せておいてなんですが、ネイティブ・スピーカーの前ではこの表現は使わないほうがいいかもしれません。使うときは自己責任でお願いします。気になる方はググってみてくださいませ。

さておき、評価されればいいというものでもないのが会社員ライフの難しいところ。微妙なもよくありますから。

Is this a promotion or a demotion?

(これって、栄転?それとも左遷?)

厳しい環境だからこそ、キミの手腕を存分に発揮してほしい」、なんちゃってね。結果は神のみぞ知る、でしょうか。

「うちの部署は全然変わりないもんね~」とのんびりしてたらこんなことに。

A switch of job duties was announced in the department.

(部内で業務替えが発された。)

急にこうなると焦りますね。日ごろからちょっとずつ業務整理しておくといいかもしれません・・・と、今、自分に対しても言いたい気持ちです。

まとめ

f:id:n_urako:20170307135157p:plain

とまあ、色々ありますが、会社というのはそれはそれで面白いところです。英語でディスれば勉強にもなりますし。

年度末のバタバタが片付けば、みんなさわやかな笑顔で迎えてくれるはず。4月に社会人になる皆さんはご安心を。就活中の皆さんも頑張ってください!

おすすめの本
CD付 起きてから寝るまで英語表現700 完全改訂版 (起きてから寝るまでシリーズ)

CD付 起きてから寝るまで英語表現700 完全改訂版 (起きてから寝るまでシリーズ)

 
[音声DL付]完全改訂版 起きてから寝るまで英語表現700 オフィス編 起きてから寝るまでシリーズ

[音声DL付]完全改訂版 起きてから寝るまで英語表現700 オフィス編 起きてから寝るまでシリーズ

 

※『〔完全改訂版〕起きてから寝るまで英語表現700 オフィス編』の書籍版はこちら で購入できます。

こちらもおすすめ!

浦子

構成・文:浦子
GOTCHA!のエディター兼ライター。仕事と家庭と語学の両立が人生の課題。常に課題