GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

【TOEIC満点講師が対談!】今度こそ英語を身につけたい社会人が、押さえておくべき5つのこと

taidan_top

英語学習者であれば、誰もが「英語力をアップさせたい!」と思っていますよね。でも、実現できるのは一部の人だけ。英語力がアップする人としない人の間には、どんな差があるのでしょうか? 3月発売の新刊『英語力はメンタルで決まる』の著者、西田先生とTOEIC講師の濱崎先生に、英語を身につけるために「やってはいけないこと」についてお聞きしました! お二人とも長期の留学や海外駐在の経験はない「国内組」。仕事をしながら学ぶ人に、今すぐ役立つ情報がいっぱいです。

西田大

西田大(にしだ・まさる)
1973年生まれ。関西大学文学部英文学科卒業。現在、静岡県立静岡城北高校教諭。 TOEIC990点、英検1級、通訳案内士のいわゆる「英語資格三冠」を持つ。大学入 試やTOEIC、英検などの試験対策から社会人の英語学習のコツまで、幅広い知見と 経験から導き出された英語学習法に定評がある。趣味は体を鍛えることと、サッ カー観戦。共著『TOEICテストに必要な文法・単語・熟語が同時に身につく本』 (かんき出版)

濵﨑潤之輔

濵﨑潤之輔(はまさき・じゅんのすけ)
「HUMMER」の名で知られる、TOEIC界のカリスマ講師。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。大学や企業でTOEICテスト対策研修講師を務める。これまでにTOEIC990点を50回以上獲得。TOEICテスト対策合宿・セミナーなど積極的にっている。著書に『マンガで攻略! はじめてのTOEIC(R)テスト全パート対策』(西東社)、『中学3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)など多数。ヒロ前田氏とのTOEIC対策セミナー動画「SOUL」の詳細こちら

話題の新刊!
英語力はメンタルで決まる

英語力はメンタルで決まる

 

1.英語を学ぶ社会人にとっての絶対NG3つ

①試験を受けずになんとなく勉強するのはダメ!

――忙しい社会人が英語力を効率的にアップさせるために、一番やってはいけない勉強方法って何ですか?

西田大英語力はメンタルで決まる』にも書いたのですが、漠然と英語の勉強をするのが一番危険です。自分で「英語力が上がってきた。聞き取れるようになってきた」と思っても、それは気のせいかもしれないでしょう。

試験をペースメーカーにして、目標を点数として数値化するのがおすすめ。1年に10回受験できるTOEICのスコアを目標にして、あと5点、あと10点にこだわるのが良いと思います。

濵﨑潤之輔TOEICスコアを目標にすることで、モチベーションを保ちやすくなりますよね。

西田大そうですね、モチベーションを保ち続けるためにも月に1回は試験を受けるのが良いと思います。誰でも試験1日前が一番モチベーションが上がると思いませんか?

濵﨑潤之輔試験1日前だと、もうやらざるを得ない状況ですからね(笑)。

西田大頻繁に試験を受けることで、モチベーションを維持しやすくなると思うんです。英検やTOEFLでももちろん良いんですが、TOEFLだと1回2万円以上かかりますからね。頻度や受験料を考えると、TOEICが1番気軽に受けられます。

②頭が疲れている時間に勉強するのはダメ!

――本書の中で西田先生は「朝に勉強すること」をおすすめされていますが、勤務時間が不規則な人はいつ勉強するのが良いですか?

西田大勤務時間が不規則な人も、自分にとって頭が一番スッキリしている時間帯に勉強をすると良いと思います。僕が朝に英語学習をすることをおすすめしている理由は、一般的なビジネスパーソンにとって、朝が一番元気な時間、リフレッシュした時間だと思うからです。1日の中で最も頭の中がクリアな時間帯というか。

濵﨑潤之輔勉強の計画を立てると毎日ノルマを決めると思いますが、朝にそのノルマが終わっていると「今日はもうこれだけやった」と心に余裕が生まれますよね。「今日の分の勉強はもう終わっている」と思えば、スッキリした気持ちで仕事に臨めます。

不規則な生活の場合、時間で縛らずに場所で縛るのも良いと思います。「何時から何時までは勉強する」と決めるのではなく、朝だろうが夕方だろうが「仕事にく電車の中では必ず英語学習をする」とか。

西田大そうですね、自分の中で決め事をつくっておくことが、英語学習を習慣にするために大事なことだと思います。

③勉強中のリフレッシュ方法としてSNSを見るのはダメ!

濵﨑潤之輔本書の中で西田先生は「お酒はダメだ」って言っていますよね?

西田大「お酒」はひとつのですが、リフレッシュするつもりで飲んだとしても、アルコールが入るとそのあと学習できなくなるじゃないですか。英語学習を中心に考えた場合、短時間で完結しないリフレッシュ法はオススメしないですね。その後影響がある方法は避けたほうがいいです。

濵﨑潤之輔そう考えると、テレビやSNSも危ないですよね。つい、ダラダラ見てしまいます。

西田大そうですね、ちょっとリフレッシュのつもりで Twitter を開いたのに、流れてくるツイートをダラダラ見続けてしまうなんてこともありがちですよね。基本的に勉強を阻害するようなリフレッシュ方法はダメだと思うんですよ。

濵﨑潤之輔切れ目がないものというか、常に新しい情報が入ってきちゃうようなことをリフレッシュのために使うのは、結局リフレッシュにならないです。

西田大本書の中では「タバコはOK」と書きました。僕はタバコは吸わないんですが(笑)。ただ、そんな感じでパッと頭を切り替えて英語学習に戻れるようなリフレッシュ方法でないとダメだと思います。

2.こんな英語学習本はNG!良い学習本の選び方とは?

タイトルだけで選ぶのはダメ!必ず中身をチェックしよう

――たくさんある英語学習本の中で、自分に合う本はどうやって選ぶべきですか?

西田大選び方に関しては、必ず自分で中身を確認してほしいと思います。書店にって、中身をパラパラ見て、自分に合うかどうかを見ないとダメです。難易度とか、自分が読んでみて理解できる説明方法かどうかとか、語り口なども含めて。実際に手に取ってほしいですね。

濵﨑潤之輔近くに書店がない場合は、Amazonの「なか見!検索」とかでも良いですね。

西田大そうそう、やっぱり中身を見ないことには、自分に合った本を選べないんです。自分の英語力を効率的にアップさせたいなら、自分に合った参考書とか問題集を選ばなければなりません。

――タイトルに「~だけ」とあるような本は便利そうですが、どう思いますか?

西田大本書の中でも書きましたが、「~だけ」というタイトルは魅力的なんですよね。でもそれに釣られてはいけません。タイトルに「~だけ」とあっても、内容は「~だけ」じゃないことがほとんどですから(笑)。やっぱり、ちゃんと中身を見て決める方が良いと思います。

TOEIC講師が実践している学習本の選び方とは?

濵﨑潤之輔僕は中身を見るとき、最初に「著者プロフィール」と「前書き」を見るんですよ。誰が書いているかってとても重要だし、前書きの部分で興味が持てないような本は、ダメだと思います。そこで興味が持てれば、当たりの可能性が高い。

西田大たしかに。僕はそれに加えて「もくじ」も見ますね。もくじを見て、気になるページをパラっと立ち読みして。

濵﨑潤之輔僕も同じです。もくじの太字の部分を見て、気になるページを立ち読みして納得できたら、自分に合っている学習書だと思います。

西田大書店で全部立ち読みすることはできないですけど、少しでも中身を確認して購入するのが一番ですよね! 学習法についての本だけでなく、問題などでも同じだと思います。

英語学習本を大量に購入するのはダメ! 2冊で十分!

濵﨑潤之輔西田先生の本にも書いてありますけど、英語学習本を買いすぎるのも問題ですよね。英語力アップの方法についての本を1冊と、問題集が1冊あれば十分かなと思います。

西田大同感です。それと、すでに買ってしまった本が「合わないな」と思ったら、その時点で新しい本を買った方が良いですね。もったいないと思うかもしれないけど。

濵﨑潤之輔「もったいないから最後までやろう」と続けても、結局身につかないですからね。そうやって何度も選ぶ経験をしているうちに、選球眼というか、選び方がわかってくるものです!

3.それじゃあスコアが上がらない! やってはいけないTOEIC対策法とは?

「模試温存」はするな!TOEIC対策における模試活用

――TOEICの模試問題集は、どうやって活用すべきですか?直前に演習するものなのでしょうか?

濵﨑潤之輔やめたほうがいいのは、なぜか学生がよくやる「模試温存」。本番の1週間くらい前まで模試をやらずにとっておく人が結構いますが、あれはもったいないですね。そういう人は模試を「試験の予演習」とか「力試し」だと思ってしまっているのですが、実際はもっと早くから解くべきです。直前は初見の問題はやらない方が良いと思います。

西田大直前に勉強のやり方を変えるのはダメですよね。模試は演習することで自分の弱点がわかるものなので、もっと早くから解いた方が良いと僕も思います。早めにやったほうが、弱点がわかって対策も立てられますから。直前に解いて弱点が見つかっても、復習できないですからね。

濵﨑潤之輔直前に模試演習して「あぁ、ダメだった……」という気持ちで本番に臨んでも、良い結果は出ないでしょうね。あと、試験当日になって、今までやったことのない解き方を試すとか。

西田先生の本のタイトルは『英語力はメンタルで決まる』ですが、TOEICテストもメンタルで決まるものだと思います。落ち込んだまま受けるなんて、絶対NGです。

西田大試験直前は、普段やっている勉強法を続けてほしいです。今までやった模試の見直しをするのはおすすめですよ。

英語力アップのためにTOEICを受けるなら、最終的には990点を目指そう!

西田大英語力アップを目指すならTOEICスコア990点を目指してほしいと、僕は思っています。

――990点!なかなかレベルが高いですが、それはなぜですか?

西田大英語学習って、スタートラインはみんな同じなんです。天性の才能とか関係ないし、日本人なら最初はみんな同じレベルです。だからこそ勉強すればするだけレベルアップできる分野だと思います。TOEICのスコアが高くても、実際の英語に役立たないみたいな話もありますが、TOEICで出てくる文章ってとても実用的な英文ばかりで、英語力アップには絶対役立つんです。

濵﨑潤之輔確かににスタートラインは一緒だし、「日本において英語ができる人」というレベルだったら、やり方が正しければ誰にでもできますよね。「アメリカ人なみになりたい」っていう目標だと、話は別だけど……。

西田大そうですよね。それにTOEICって、990点で見える景色と、900点で見える景色って全然違うんです。全問正解しないと990点とれないですから、1問も間違えられないですよね。1問もミスしないっていうのは、英語力のレベルが相当高くないとできないですから。

濵﨑潤之輔体感ですけど、自分が970点のときと990点のときとでは、英語力は全然違います。970点だと、「なんとか頑張ったらとれた!」という挑戦者のイメージですけど、990点って「ひとつも落とせない」という防衛チャンピオンの感じですよね。全打席でヒットを打つ英語力というか。

西田大900点前後までとれるようになった人も、そこで満足せずに990点満点を目指してほしいと思うんです。900点も一般的に見ればすごい点数ですが、990点満点をとれる英語まで伸ばしてみてほしいと思います。見える景色が全然違いますから!

4.忙しい社会人はオンライン英会話活用すべき!効果的な活用法とは?

本当に力をつけたいなら週1のレッスンでは少なすぎる!

――お二人ともオンライン英会話活用されたそうですね。どれぐらいの頻度でやっていたんですか?

濵﨑潤之輔僕はTOEICのスピーキングテスト(S&Wテスト)を受験する前に、1カ月間毎日レッスンを受けていたことがあります。英会話に触れる頻度はすごく大切で、量をこなすことで慣れてくるものなんですよね。

西田大量が大切ですよね。本当はマンツーマンの通学型英会話スクールで2日に1回以上レッスンを受けるのがベストだと思いますが、それって経済的にもかなり難しいと思います。そういう意味では頻繁に受けられるオンライン英会話は最適です。英語学習において最も重要なのは頻度なので

レッスンを受けっぱなしはNG!予習復習の方法とは?

濵﨑潤之輔TOEICの模試も一緒ですが、受けっぱなし解きっぱなしはダメですよね。オンライン英会話のレッスンを受けただけで満足してしまうと、英語力の向上にはつながりません。予習復習もしっかりやらないと。

西田大そうそう、問題集も一緒ですけど、復習したことを覚えて次に生かすというサイクルが必要ですよね。レッスンで伝えられなかったことや、わからなかったことを復習して覚える。次のレッスンの前にもう一度予習として確認して、その知識をレッスンに生かすんです。

濵﨑潤之輔知識を蓄積していかないと、英語力は上がらないですからね。その意味でも予習復習が重要だと思います。

5.社会人が英語力をアップさせるための目標の立て方

社会人は必ず数値化できる目標を持つべき

西田大学生のころって勉強が本業ですから、英語学習の時間も確保できるし、勉強すればそれだけで褒められるんですよね。

濵﨑潤之輔社会人は褒められないですからね、自分自身で達成感を得られる仕組み必要になります。

西田大だからこそ、目標を数値化する必要があると思うんです。毎月試験を受けるようにして、自分自身でどれだけ達成できたかがわかるようにしないとモチベーションを保てません。

濵﨑潤之輔実際目標を立てずに続けられるのって、楽しいことだけじゃないですか。僕もマンガを読むのは楽しいから目標なんかなくても続けられるけど、英語学習はそうじゃないですから。

――「良い目標の立て方」ってあるのでしょうか?

濵﨑潤之輔僕は人によって2パターンあると思うんですよね。ひとつめは、例えば「海外で仕事をしたい」といったように大きな目標があって、その過程のひとつとしてTOEICなど目標点数を立てるパターン。もうひとつ、そういう大きな目標はあんまり決まっていなくて、「とりあえずTOEICで800点とろう」みたいに決めているパターンもあると思います。僕自身は特に大きな目標はなかったけど、TOEICのスコアアップを目指して頑張っていました。

西田大TOEICスコアの先にある目標って、潜在的には誰でも持っているんだと思います。なんとなくでも「将来こんな風になりたいな」みたいな目標が。ただそれだと漠然としているから、とりあえずはスコアを目標にするのもアリですよね。

濵﨑潤之輔それこそTOEICスコアを達成することで見えてくる目標みたいなものもあると思うんですよ。例えば800点取ったら「英語ができるなら、海外と関わる部署に異動しないか?」とか、そういった声もかかるようになったり。僕もTOEICの講師になろうと思って試験を受けていたわけではなくて、970点を超えてから「TOEIC本の編集をしませんか?」という話がきて。その後「大学で教えませんか?」っていう話がきたんです。

西田大そこまで大きな「新しい世界」ではなかったとしても、英語を勉強することで損をすることって、絶対にないですよね。何らかの新しい世界が見えるようになると思います。

濵﨑潤之輔西田先生も、最初から本とかコラムを書く人になりたいと思ってTOEICをやっていたわけではないですよね?

西田大そうですね。僕の場合は990点をとったころに大学入試についてのコラムを書かないかという依頼がきて。その後、月1回の連載を始め、それが週1回になり、今回みたいに本を1冊書く依頼がくるようになりました。

僕や濱崎先生は講師や著者としての仕事につながりましたが、ビジネスパーソンだったら新しい仕事のやり方や、転職などにつながる可能性もありますよね。英語をマスターするのに頭の良し悪しは関係ないと思うんですよ。正しいやり方をすれば、絶対身につきます。

濵﨑潤之輔そのためにもまずはTOEICとかのスコアで数値化した目標をたてて、とりあえず始めてみるのが良いですよね。英語を勉強することで得るものがいっぱいありますから!

まとめ

英語力を上げるためには、〇〇すべき」という情報は世にあふれていますが、「こういうことはしない方が良い」という情報を知ることで、これから自分がどうやって英語学習をしていくべきか明確になるのではないでしょうか。

おふたりが言うように、英語力のスタートラインは誰だって同じ。正しい勉強方法で続けることで、英語学習の成果が出てくるはずですよ!

taidan_bottom

紹介した本はこちら
英語力はメンタルで決まる

英語力はメンタルで決まる

 

kinokuniya

撮影協力紀伊國屋書店新宿本店

こちらもおすすめ!

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOU から生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。