読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

【いいわけ厳禁】ホントに本気で英語を身につけたい社会人が、やるべきこと4つ

英語力はメンタルで決まる TOEIC BUSINESS

mental01

もうすぐ始まる新年度、新しいことに挑戦したくなる時期ですよね。「今度こそ英語を・・・」なんて、去年の今ごろも言っていませんでしたか? 今年こそ「本当に英語ができる人」になるか、それとも「英語ができるようになりたいとずっと言っている人」のままか!?  前者を目指すなら、確実に結果を出せる方法で始めましょう! 3月10日発売の新刊『英語力はメンタルで決まる』は、そんなあなたの強い味方です。

英語力はメンタルで決まる

英語力はメンタルで決まる

 

著者の西田さんてどんな人?

著者の西田大(にしだ まさる)さんは、TOEICテスト満点、英検1級、通訳案内士(国家資格)に合格と、実にうらやましい英語力の持ち主。高校の英語教師として20年近く英語を教えてきた、英語教育のプロフェッショナルでもあります。

また英語学習者に人気のWebサイト「RareJob English Lab」 では週刊でコラムを連載。掲載本数はすでに80本を超えました。

こう聞くと、さぞかし海外の滞在経験が豊富かと思いきや、なんと留学経験もまったくなしの「純ジャパ」。現在でも英語学習者として、TOEICテストを毎月のように受けて、実力の維持と向上にはげんでいるそうです。

そんな自身の経験から英語を学ぶのに特別な能力必要ない」と断言。英語を「学ぶこと」にも「教えること」にも精通している人だからこそ言える、信頼できる言葉ですね。

西田さんは英語に関して「伸びないのは、能力不足ではなく努力不足正しい気持ちで正しい学習法をすれば必ず結果が出る!」と言ってくれています。ほかの人よりもよい結果を求めるなら、その分努力をするべきとも。ではその努力っていったいどうしたらいいのでしょう? 具体的な方法を少しだけご紹介しましょう。

1.「質」の前に「量」をこなすべき!

英語を学習するとき、量より質を求めていませんか? 忙しい社会人は、学生に比べてなかなか時間が取れないもの。頼りたくなるのは、「効率のよい学習法」ですよね。ところがこれが落とし穴。どんなに質の良い学習をしても、一定の量を確保しないと成果は出ないというのが西田さんの持論です。「自分は要領がいいから、量をやらなくても質の高い英語に当たれば大丈夫」と考えている人もいるかもしれません。しかし残念ながら英語学習に頭の良さは関係ないのです。学生時代に受験したことを思い出してみてください。よい結果が出たのは頭がよかったからではなく、努力したからではありませんか?

勉強する時間がなく、効率的に学びたいと思っている人は多いでしょう。しかし、楽に習得できる方法などありません! 英語学習で成果を上げている人たちは、誰も楽なんてしていないのです。日本語英語構造がまったく違うので、習得に時間がかかって当たり前。まっとうに取り組みましょう。

2.いつでもどこでも勉強できるメンタルを作れ!

忙しい社会人は、まとまった時間が取れないのも事実。だからこそ、いつでもどこでも勉強しようという意識は、とても大切なことといえます。集中できる場所を探し続けるのでは、いつまでたっても勉強を始められません。どんなところでも集中できるようにしましょう。

重要なのは、「やる気になるのを待つ」のではなく「待たずにやる気にしてしまう」こと。スキマ時間を活用するなら、電車の中や待ち合わせ前など、「あらかじめこの時間ができたらこれをする!」と決めておくのがおすすめ。自分にとって100%心地のよい環境はありえません。肝心なのは置かれている環境でどれだけ努力できるかです。

3.結果すぐには出ないことを忘れずに!

英語学習の結果は、期待するほど早くは出ません。努力した分、期待していると、結果が出なかったときにやる気をなくしてしまうことも。1カ月などの短いスパンではなく、年単位のスパンで考えてみましょう。短い期間で挫折してしまうのはもったいない!

モチベーションをアップするには、定期的にTOEICテストや英検を受験しましょう。良質な英語問題がそろっているので、英語力を測るにはうってつけです。

4.英語学習は基礎から!暗記と英文法なくして英語はマスターできない

日本人にありがちなのが、効率的な学習を重視するあまり、基礎を軽視してしまうこと。軽視されがちな二大基礎は暗記と文法。特に暗記は不要という考えにとらわれている人は要注意です。

大量のインプットはアウトプットの幅を広げてくれます。自分で使える語彙や構文を増やしていくことは、英語力アップに欠かせません。実際、英語が堪能な人が多いインドや韓国では、徹底した詰め込み教育がわれています。

さらに、「文法は英語における地図のようなもの」と西田さんは指摘しています。たとえば料理をはじめて作るときにはレシピを見ますよね。英語を話すときも、一定の枠組みが必要です。英文法を用いて「読む」「書く」「聞く」「話す」をっていることを忘れてはいけません。

まとめ

mental_girl

英語力は一日にしてならず! 楽してマスターできないのは残念ですが、本書を読んで、英語学習の「正しい気持ち」と「正しい学習法」を知れば、英語必ずものになります。今度こそ英語を習得したいあなたにとって、かけがえのない1冊となること間違いなしです。

英語力はメンタルで決まる

英語力はメンタルで決まる

 
こちらもおすすめ!

gotcha!

構成・文:GOTCHA!編集部
GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOU から生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。