読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

「鬼は外、福は内」は英語でなんて言う?

日本のキホン STUDY

Question

How do you say, “Oni wasoto, fukuwauchi,” in English? Why do you roast and eat beans at setsubun?
(「鬼は外、福は内」を英語で言うと? そして、豆をいって食べる意味とは?)

節分豆まき

さて、寒さも本番ながら、暦の上ではそろそろ春を迎える節分です。豆を食べて1年の無病息災を願って、豆を投げて家から災いを追い出します。そういえば、なぜ豆をいって食べるんでしょう……ということで、今回は節分を豆まきから見ていきましょう!

冬の終わりを告げる節分の日
Setsubun marks the last day of winter

Setsubun literally means "division of seasons." It is used to mark the end of winter and summer, and is derived from the old lunar calendar. However, "setsubun" has now come to mean the day before the first day of spring only. It usually occurs around February 3rd. On this day, in a custom called mame-maki, people throw and scatter roasted soy beans inside and outside their houses while saying, "Get goblins out of the house! Invite happiness into the home!" Some people believe that mame comes from the word mametsu which means drive away evil matter, in Kanji.

「節分」とは、文字通り季節の変わり目を示す言葉で、旧暦ではこの日が冬や夏の終わりでした。でも、今では「節分」は春の始まりの前日のみを指して、たいていは2月3日あたりです。この日、人々は「鬼は外! 福は内!」と言いながら炒った大豆の「豆」を家の外と中にまきます。一説ではこの「豆」は漢字の「魔滅」が元となっているとされています。

豆を食べるのは、悪い芽を出させないため!? The reason why people eat the beans is to prevent evil from sprouting!

After throwing the beans, people customarily eat one roasted soy bean, mame, for each year of their age, and pray for happiness throughout the year. There is another reason why people roast and eat these beans; It is said that the bean contains the evil of the previous year, and so it is roasted to prevent evil from sprouting. People in some regions scatter peanuts and eat them, because peanuts are easier to clean and pick up. Some people eat rolled sushi, ehomaki, while facing the year's "lucky" direction.

豆まきが終わったら、それぞれが年の数だけ大豆を食べて、その1年の幸運を祈ります。こうした豆を炒り、食べてしまう別の理由は、昨年の悪いことを豆が含んでいるために、それを炒る(燃やす)ことで、その豆が芽を出すことを防ぐためだとか。地域によっては、拾って掃除のしやすい落花生をまくところもあるようです。また、今年の恵方に向かって巻きずしを食べる人たちも見られます。

有名な節分事の
Some examples of famous setsubun events

There are many setsubun events held in different temples and shrines. The following are some examples.
多くの寺や神社で節分イベントが開催されます。以下は節分事のです。

 

Chusonji (Iwate, Hiraizumi)
中尊寺(岩手県平泉町)

Sumo wrestlers are invited to drive the evil spirits away from people experiencing "ages of misfortune," yakudoshi.

相撲力士を迎え、厄年の厄を払い招福を祈る

 

Narita-san Shinsho-ji (Chiba, Narita)
成田山新勝寺(千葉県成田市)

It is said that there are no goblins in front of the statue of Fudomyouou, a kind of messenger of Nyorai, so people only say “Come in good luck.” Usually sumo wrestlers and NHK TV drama actors and actresses appear on a stage here.

不動明王の前には鬼はいないとされるため「福は内」のみ、相撲力士及びその年のNHK大河ドラマ出演者が登場する。

 

Senso-ji(Tokyo, Taito-ku)
浅草寺(東京都台東区)

It is said that there are no goblins around Asakusa-kannon, too, so here they also just say, "Come in good luck." Usually a kind of Japanese comedian, rakugoka, and also Japanese folk singers appear on a stage here.

浅草観音の前には鬼はいないとされるため「福は内」のみ。(浅草に縁のある)落語家・演歌歌手など参加する

 

Answer

“Get goblins out of the house! Invite happiness into the home!” (One example)
は上記の通り。
One reason for the roasting and throwing of beans at setsubun is to pray for happiness throughout the year. Another reason is so that the evil of the previous year is prevented from sprouting from the beans in the new year.

豆を煎ってまく理由は、通年の幸運を祈って。もうひとつの理由として言われるのが、豆は昨年の悪いことを含むため、燃やして、芽が出ないようにするため、とか。

 

執筆:上野陽子●うえのようこ●

カナダ・オーストラリアに留学ののち、ボストン大学コミュニケーション学部修士課程ジャーナリズム専攻、東北大学博士前期課程人間社会情報科学専攻修了。通信社の国際金融情報部、出版社にて国内・海外の取材記事や交渉ほかを担当。海外通販会社の役員を経て、諸媒体の翻訳・執筆・プロデュース などを手がける。 著書に『コトバのギフト~輝く女性の100名言』(講談社)、『スティーブ・ジョブズに学ぶ英語プレゼン』(日経BP社)ほか多数。仕事と趣味で旅した国は50カ国を超える。

 

英語のプロ、通訳者のトレーニング法でスキルアップ

通訳トレーニング入門

通訳トレーニング入門

飛躍的アウトプット力を目指すには?プロの通訳者も実践する21種のトレーニングを通して英語のスキルを総合的に磨ける本講座がおすすめ。

詳細はこちら