読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

1ヶ月で100点アップ!『TOEICテスト非公式問題集』の効果的な使い方

TOEIC STUDY

f:id:izudondon:20161219092136j:plain

TOEIC対策で絶対に使っておきたい模試問題

TOEICでスコアアップを目指すなら、模試問題集は必ず解いておきたいところです。TOEICの公式問題集はもちろんですが、あわせて「非公式問題集」も解くことをオススメします。

なんで「非公式」も解くべきなの?

TOEIC公式問題集は、当然ながら本番と同じレベルでつくられているものなので、本番のレベル感を知るために解いておいた方が良いでしょう。

リスニングセクションの音声もTOEICの公式ナレーターなので、感覚をつかみやすいです。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

 

 一方で、公式問題集には「解き方のテクニック」が載っていません。問題の解説はありますが、どのようにTOEIC問題を攻略すべきかということに関しては、ほとんど書いていないのです。

最短距離でTOEICスコアをアップさせたいなら、テクニックを知ることが役に立ちます。そこでぜひオススメしたいのが、『【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問』です。

【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問

【新形式問題対応/CD-ROM付】 TOEIC(R)テスト 非公式問題集 至高の400問

 

「非公式問題集」の特徴

「非公式問題集」には、公式問題集と同じように2回分の模試が収録されていますが、公式問題集とは以下の点で異なります。

  • 解き方のテクニックや受験者がつまずきやすいポイントが書いてある
  • 解答用紙に「勘ボックス」がついていて、後から復習しやすい
  • 勉強方法までくわしく書いてある
  • 演習後に自分の弱点を導き出す分析チャートが付いている

とくに、解答解説に掲載してあるコラムは、TOEICでスコアをあげるためのテクニックが満載です。

もちろん、テクニックなしでも、英語力をアップさせれば高得点をとることはできます。しかし、なるべく早くスコアアップをしたい人は英語力アップに加えてテクニックを身に付けることが大事です。

「非公式問題集」に収録されている模試は2回分ですが、本気でこの問題集と向き合ったら、平日30分+休日1時間程度の勉強時間を確保したとしても、制覇するのに1ヶ月はかかります。

そしてこの問題集を正しいやり方で制覇すれば、現在600~700点ぐらいの人が1ヶ月で100点アップを実現することも不可能ではないのです!

もちろん「それぐらい良書である」ということなので、それ以外のスコアの方にも大いに役立つはずですよ!

1ヶ月で100点アップ! 「非公式問題集」の効果的な使い方

(1)まずは相手を知る!傾向対策を熟読しよう

はじめてTOEICを受験する、もしくは新形式がはじめてだったり、傾向がイマイチわからなかったりする人は、まずTOEICがどんな試験なのかを知ることが重要です。

TOEICテスト非公式問題集 至高の400問』には、6~18ページにかけてTOEIC試験の内容傾向、どのように対策すべきかが記載されています。公式問題集では書けないようなテクニックも載っていますので、必読です!

(2)3回チャレンジ法は必ず厳守!

この問題集をどのように使うべきかについても、本書の「模試の受け方・使い方」のページにくわしく記載されています。そこで推奨されている「3回チャレンジ法」は、必ず実践しましょう!

1回目:本番と同じように受験。時間制限あり

2回目:じっくり受験。時間制限なし

復習

3回目:1回目と同じく時間制限ありで

TOEICは2時間で200問を解き切る試験ですので、時間感覚が非常に重要です。まずは1回目で「今の自分は制限時間内でどれだけ解けるのか」を知りましょう。

2回目では制限時間は設けず、「じっくり解いた場合、どれぐらい解けるのか」を知りましょう。じっくり考えれば解ける場合は、知識はあるけど速読力が足りなかったり、持っている知識を使って答えを素早く導き出す練習が必要だったりします。

また2回目の解きなおしが終わったら、しっかりと復習しましょう。復習のやり方は次の項目でくわしく記載します。

3回目では、1回目と同じように時間制限を設けて演習します。しっかり復習ができていれば、満点(もしくは満点に限りなく近い点数)を出せるはずです。満点に近づけるよう、深くまで理解するのがポイントですよ!

(3)復習のやり方

復習のやり方は、次のような方法進めるのがオススメです。

  • 2回目の演習が終わったら、解説をじっくり読む
  • わからなかった問題や勘で答えた問題を聞き直し&読み直し
  • 知らない単語やフレーズをノートにまとめるその後何度も暗記&テスト)
  • なぜその答えになるのか、理由を明確にする

この方法を実践すると、復習にはかなりの時間がかかります。休日にガッツリと模試の演習をして、平日は毎日1日30分程度かけ、コツコツと復習を進めるといいでしょう。

まとめ

模試問題集って、結構値段も高いですよね。でも、今回ご紹介したやり方で取り組めば、値段のモトをとれるぐらいの英語力アップは確実です!

模試問題集を上手く使えていない人も多いですが、TOEICのスコアアップにおいて模試は必要不可欠。効果的に演習して、最短距離でのスコアアップを目指しましょう!

岡本美希

岡本 美希 http://miki-english.jimdo.com/
TOEIC講師 兼 フリーライター。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成した経験を活かし、英語関連のコラムを多数のメディアに寄稿。マンツーマンのTOEICレッスンも開講中。