読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

日常英会話はできます。初受験で800点とるには何をすれば良いですか?【TOEICのQ&A】

TOEIC STUDY

岡本美希

回答=岡本 美希(おかもと・みき)
GOTCHA! でお馴染みのTOEICの先生。初心者さんのワガママなご要望からマニアックなTOEICer さんの濃い質問までTOEICに関する疑問・質問を正面から打ち返してくれます!

f:id:izudondon:20161021011420j:plain

Q. 英会話教室に3年ほど通っていました。TOEICは初めてなのですが、一発で800点以上をとりたいと思っています。まずは何からやるべきですか?

過去に英会話教室に3年ほど通った経験があり、日常会話レベルの英語を話すことができます。しかし、これまで仕事で英語を使った経験はなく、TOEICも受験したことがありません。

現在の職場ではTOEICスコアを持っている人が多く、「私も受けてみようかな?」と思っています。いつまでになどの制約はないので、800点以上とれる実力をつけてから受験したいです。

家事と仕事を両立しているので、まとまって確保できる勉強時間は週に2時間程度です。通勤時間は往復で80分あるので、有効活用できればと思っています。初受験で800点をとるために必要な対策を教えてください!

質問者データ】

・40代会社員女性

英会話教室に3年通った経験あり

TOEICは受験したことがない

ビジネス英語はあまり触れたことがない

目標TOEICスコア800点以上

・勉強時間は週に2時間+往復80分の通勤時間

A. 英語を話せるなら、TOEIC傾向対策をすれば800点オーバーが可能!

英語でコミュニケーションがとれるならば、ネイティブが話していることがある程度わかるということですよね!TOEICビジネス英語がメインなので、日常会話とは単語の種類が少し変わります。語彙力を含めた「TOEICならでは」の対策をすることで、半年以内に800点をとることが可能だと思います!

1. まずは力試しにTOEIC模試を演習

TOEICを一度も受験したことが無いということなのでまずは力試しに模試を演習してみましょう。

特に対策をする必要はありませんが、公式問題集の最初に書いてあるTOEICの試験内容を読んでから取り組んでみてください。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

 

現状のスコアがわかれば、あとは800点突破に足りない部分を補っていけばOKです。

日常英会話ができるということは、おそらく既に500点以上をとる力があります。試験慣れしていれば、600~700点はとれるはずです。

800点に到達するためには、まずTOEICの形式に慣れる必要があります。もともと英語の基礎力があるので、TOEIC傾向に慣れるだけでスコアアップが期待できますよ!

2. リスニングを得点源にすべく、TOEIC特有の単語を攻略!

日常会話ではあまり登場しないけれども、TOEICの試験ではよくでる単語がいくつかあります。

ビジネスにおいてよく使うような単語もそうですが、リスニングパートでは「なぜこれが?」と思うような単語が頻出だったりもします。

例えばリスニングのPart 1では、たびたび「芝刈り機」に関するフレーズが出題されています。芝刈り機は英語で “lawn mower” ですが、日常会話でもあまり使わないですよね。

このようにTOEICならではの単語や、ビジネス英語で使われる単語に慣れておくことで、リスニングのスコアは簡単にアップすることができると思います!

3. リーディングは細かい文法知識と速読力アップが必要

英会話と英文読解では、必要な力が少し違います。よって、会話ができる人でもリーディングは苦戦してしまう傾向があります。

TOEICのリーディングでスコアをとるためには、英語力アップだけでなく「試験対策」が必要になってくるのです。

例えば日常会話においては重要でないような細かい文法や語彙の知識がないと、リーディングのPart 5や6の問題が解けないこともあります。

また2時間で200問を解くことに慣れていないと、集中力が持たないかもしれません。

英語の基礎力はあるはずなので対策すべきは「文法知識&語彙力アップ」と「速読力アップ」です。

模試演習を繰り返して知らない知識を吸収するとともに、日ごろからなるべく英文に触れて、英語長文から必要な情報を見つけ出す力を養っていきましょう。

4. 初受験で800点をとるための勉強プランはコレだ!

はじめての模試演習後の正答率にもよりますが、600点程度とれている場合は2~4ヶ月ぐらい集中して勉強し、TOEIC本番を受験してみるのがオススメです!

あまり長期間になるとモチベーションが下がってきてしまいますので、とりあえず受験日だけ決めてみましょう!

(1)TOEIC模試演習×2冊

まずは4回分ぐらい演習&復習をして、TOEIC問題傾向をつかみましょう!復習の際は、わからなかった単語もセットで覚えていきましょう。単語の勉強はそれほど集中する必要が無いので、通勤時間にやるのがオススメです。

単語にの勉強法に関しては、自分で単語ノートをつくるのがベストです。ある程度英語力がある人は、新しく単語本を購入する必要はありません。むしろ自分のわからない単語だけが集まっているノートの方が、効果的に単語力をアップさせられます!

(2)苦手分野のピンポイント対策

模試演習から自分の苦手な部分を見つけ、そのパートだけピンポイントで演習するのが良いでしょう。各パートに特化した問題集もありますので、上手く活用してみてください。

もし速読力に不安があるのなら、英語のニュースを通勤時間に読んでみるのがオススメです。海外のニュースでも良いですし、日本のニュースを英語で読むのもOKです。自分が興味を持てるものを読みましょう!

リスニング強化したい場合は、通勤時間にTEDを視聴するのもオススメです。スマホで見るならTEDのアプリが使いやすいです。240円と有料ですが、字幕が見やすいのでぜひ活用してみてください。TEDの勉強法はこちらの記事でくわしくご紹介しています。

gotcha.alc.co.jp

(3)TOEIC模試演習で最後の仕上げ

本番直前期は総仕上げ的なかたちで模試演習をしてみましょう。自分にとってベストな時間配分を決めて、本番に備えます。

まとめ

日常英会話TOEICでは扱う単語の種類が違うので、TOEICで高得点を狙うための対策必須です。

しかし「英会話ができる=英語力がある」ということなのでTOEIC試験の対策さえすれば、割とスムーズに高得点をとることができると思います!

まずは「いつまでに」という目標を決めて、逆算して進めてみてくださいね!

岡本美希

岡本 美希 http://miki-english.jimdo.com/
TOEIC講師 兼 フリーライター。留学経験なし&独学にてTOEICスコア900オーバーを達成した経験を活かし、英語関連のコラムを多数のメディアに寄稿。マンツーマンのTOEICレッスンも開講中。