GOTCHA!

英語、仕事、勉強。いろんな「わかった!」をお届け。

第二回「原則」を心にとどめて、人格を磨こう

「7つの習慣」

仕事やプライベートの悩みが今までよりも軽くなる「7つの習慣」のエッセンスを英語で身に付けて、「人生が豊かになる法則」と自分の気持ちを英語伝える「スピーキング力」を手に入れましょう。

「7つの習慣」

多くの人が、自分の人生を有意義にして、幸せに生きたいと願っています。 そのためには、周囲の人たちの理解協力必要です。けれども、その人間関係をおろそかにしている人は少なくありません。

面的な付き合いや一夜漬けのテクニックで、その場をしのぐことはできるかもしれませんが、うわべだけの関係は決して長続きしません。長期的な成功を得るためには、一歩踏み出して人と深い信頼関係を築くことが不可欠なのです。

人から信頼されるための普遍的な「原則」とは

人からの信頼を得るには、まず、自分の人格を磨く必要があります(人格主義)。誠実な人や勇気のある人は時代や国に関係なく信頼されるように、人から信頼されるには、「誠実さ」「謙虚さ」「正義感」といった普遍的な「原則」を大切にする必要があります。また、自分の本心と向き合い、こうありたいと思う自分の価値観を持つことも大切です。

そしてその自分の価値観を、普遍的な原則に近づける努力を日々していくのです。例えば、「自分さえよければ」「見て見ぬふりが一番」という考えでは、人からも頼られず、信頼も得られません。それを、「相手を思いやる」「周りに関心を持つ」といった、誰もが共感する原則に少しずつ近づけていきます。原則を心にとどめて人格を磨くことが、人と信頼関係を築くための第一歩といえます。

会社の人脈作りが苦手な人はこう考えよう

人脈づくりって苦手。ついビジネスのハウツー本に 頼ってしまう。

I'm not very good at networking. I tend to follow tips from business how-to books.

「7つの習慣」

確かにビジネスのハウツー本には、いろんなヒントが載っていますが、それだけでいいのでしょうか? 「7つの習慣」ではこう考えます。

マニュアルに頼っても一時しのぎにしかならないな。
Following manuals can only be a temporary fix.
いい人間関係を築くには、日頃の積み重ねしかない。
A good relationship can only be built through day-to-day effort.
一夜漬けは卒業しよう。
No more overnight cramming.

本当はtemporary fix(一時しのぎ)じゃダメなことは、皆さん分かっているはずですよね。「7つの習慣」の考え方を実践するとこうなります。

やっぱりハウツー本を読むのではなくて、実践するのが大切だな。
It's what you actually do that counts, not what you read in how-to books.
社内のいろいろな人と話してみようかな
I'll start talking to different people in the office.
会話のコツがつかめてきたぞ。
I'm getting the hang of starting a conversation.

どうですか? 考え方のコツがなんとなくつかめてきたでしょうか?

仕事でミスをしたときは、そこから逃げない

「7つの習慣」

思わぬ失敗をしたとき、誰もが思うことかもしれません。

仕事でミスした。バレてないからいいか…。
I made a mistake at work. No one knows about it, so I could probably let it slide ...

バレなかったらラッキー…ではなく、「7つの習慣」ではこう考えます。

人から信頼されるには、自分の人格を磨かなきゃ。
I need to work on my character if I want to earn the trust of others.
自分を偽る人は、人から信頼されない。
Those who deceive themselves will never be trusted by others.
自分の気持ちに正直でいよう。
I'll follow my heart.

嘘を隠し通すよりも、心の命じるままに従うfollow one’s heart)自分でいた方が、信頼を得られるかもしれませんよ。
「7つの習慣」の考え方を実践するとこうなります。

仕事のミス、責任のがれしちゃったけど、正直に話そう。
I avoided taking responsibility for my mistake, but I will come clean.
同僚に)実は、ミスしたのは自分なんだ。本当にごめんなさい。
It was I who made the mistake. I'm really sorry.
同僚に)あのとき、助けてくれてありがとう。借りができたよ。
Thank you for helping me out. I owe you one.

正直に打ち明ける(come clean)人になり、たとえミスをしてもいい人間関係を築いていきたいですよね。

部下のやる気を起こさせるには、こう動しよう!

「ゆとり世代の部下は、どう接していいか分からない」なんて思っていませんか?

 

「7つの習慣」

部下のやる気がない。モチベーションアップのセミナーを受けさせようかな。
Some of my team are lacking in motivation. I should enroll them in a motivational seminar.

セミナーもいいですが、「7つの習慣」ではこう考えます。

その場しのぎの解決策に頼っていないかな。
Am I resorting to an ad hoc solution?
自分の言動は適切だったかな。
Were my words and deeds appropriate?
長期的な解決方法を探してみよう。
I should look for a long-term solution.

その場限りの解決策(ad hoc solutionという言葉に、どきっとした人も多いのではないでしょうか?
「7つの習慣」の考え方を実践するとこうなります。

まずはお互いの信頼関係を築こう。
First, we should build mutual trust.
(部下に)君の言い分を聞かせてもらえないかな。
I'd like to hear your side of the story.
(部下に)最近、集中できていないようだね。何かあったのかな?
You seem a little distracted lately. Is anything the matter?

部下が悩んでいたら、見て見ぬふりをせず Is anything the matter?(何かあった?)と声を掛けられる上司でいたいですよね。

次回は相手の考え方や価値観を変えようとするのではなく、まず自分が変わっていこうという「インサイド・アウト(内から外へ)の考え方について紹介します。

起きてから寝るまで 英語で「7つの習慣」

起きてから寝るまで 英語で「7つの習慣」

全世界で3000万部超のビジネス書『7つの習慣』と、200万部突破の「起きてから寝るまで」シリーズがコラボレーションしました。「人生のバイブル」として、ビジネスパーソンを中心に、世界中で愛読されている『7つの習慣』のエッセンスが、起きてから寝るまでのシチュエーションに合わせて英語でつぶやくだけで、どんどんしみ込みます。

詳細はこちら

「7つの習慣」をもっと詳しく知りたい方は
『完訳 7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー著、キングベアー出版刊